雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

犬には意識が欠けているという見方

投稿日:

デカルトの、犬には意識が欠けているという見方は、行動主義者が研究室から一歩外に出れば、ぬぐい去られてしまうのではなかろうか。犬を飼っている行動主義の生物学者、心理学者のほとんど全員が、自分の愛犬に対しては非科学的な犬の飼い主と同じように接している。動物はたんなる機械であるという行動主義者の科学的な見解は、研究室とそこから得られた科学的研究分析から一歩も出ていないようだ。

心理学者が逆の誤りをおかす可能性、あるいは、昔のことわざで言うところの、赤ん坊を風呂の水と一緒に流してしまうようなこと、つまり実際に意識的な知的行動に遭遇しても、それを見すごしてしまうことは、行動主義指向の心理学者たちの眼中にはないようだ。犬やその他の動物に意識があるという仮説は、表立っては否定したがる人々にも有効なようだ。端的に言って、私たちは自分の飼っている動物が単純な感情をもち、恐れ、欲望、信頼などを抱き、計画をたて、目標をもつことができるという事実を受け入れたほうが、動物を理解しやすくなるように思う。

自分の犬に意識的な心の働きを認める

行動主義心理学者も、研究室の動物ではなく自分のペットとの日々の暮らしが問題となると、いささかもためらうことなく自分の犬に意識的な心の働きを認める。そして実際には、おそらく認めざるをえないのであろう。犬がこちらを向いて映え、前足で入口のドアを引っ播けば、きっとこの犬は外に出たいのだと思うにちがいない。犬を飼っている人なら誰でも、犬がからになった水の皿の前で映え、皿をこちらに向かって鼻で押し出せば、この犬はのどが渇いていて、水が欲しいのだと考えるだろう。

そして次のような言葉をつい口にする人も多いはずだ。犬が痛がっている、この犬はまるで子どもみたいだ、この犬は遊びたいんだ、この犬は私の義母が嫌いだ、犬がうれしがっているこの犬はうちの娘がいなくて洪しがっているこの犬はあのドッグフードが嫌いだ犬があんなふうにしているのは、もうじき夕飯だとわかっているからだ等々、数えあげればきりがない。好き、嫌いしたがる洪しがるわかるなどの言葉は、すべて内的な心の働きと意識を暗示しているようだ。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

犬の様々な病気のサイン

犬はよく吐くので元気で異常がなければ心配ないが、繰り返し吐く場合は要注意。胃内異物、胃腸疾患、感染症の初期、中毒などが疑われる。吐いたものを持って病院へ行きましょう。 食べ過ぎや消化不良をはじめ、食中 …

no image

イヌが数を数えることができると証明したある例

ある人はカナダのブリティッシュ・コロンビア州ヴァンクーヴァー島で開かれた犬の訓練競技会に参加していた。犬を参加させていた人と連れ立って、近くの野原に散歩に出かけた。彼の美しい雌のラブラドール・レトリー …

no image

ハムスターのダイエットにおすすめの方法

大切なドワハムを病気にしないためにも、1日も早いダイエットが必要です。人間と同じように、太ったハムは病気になりやすい。皮膚病、肝臓病、心臓病、糖尿病などが代表的な病気。お腹&胸は脂肪がつきやす …

no image

ハムスターの生活リズムを守ろう

・ドワハムの生活リズムを守ろう ハムは完全な夜型生活。しかも人間と比べて長い睡眠時間を必要とする動物です。そのためには、次の4項目を守りましよう。 ・ハムが寝ているときは、無理に起こしたりしないように …

no image

犬の健康管理は季節によって異なります

犬の健康管理は、季節によって異なります。それぞれのシーズンの特徴に合ったケアを行い、快適にすごせるよう心がけましょう。感染症の予防は、狂犬病は年1回の予防接種、フィラリア症は毎年5〜11月まで月1回の …