雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

犬のかわいさがしつけの足かせになることも

投稿日:

犬をしつける場合に問題となるのは、犬のかわいらしさである。子犬やペキニーズはあまりにかわいく無力に見えるので、厳しくするのはむずかしい。しかし、とくに訓練の初期段階では、すべての命令には強制が必要である。訓練には犬の体型を考慮すること。バセット・ハウンドはボーダー・コリーのようにすばやく正確な反応はできない。それは要求がわからないからでも、反応したくないからでもなく、たんにその独特の体型からすばやい反応ができにくいためなのだ。

さほど利ロでない犬の場合、課題の復習訓練をすることが生涯を通じて大切になるだろう。必ずしも正式な訓練をする必要はなく、日常生活の中で犬がある命令に応えられなかった場合に復習をおこなうのである。反復で基本的な命令は犬の日常の一部になり、もって生まれた知能程度はどうあれ、予測可能で信頼性の高い反応を示すようになる。良くできたらたくさんの報償がもらえる復習を通じて、犬の中に主人の命令に従えば得るものが犬きい、という概念がさらに強く植えつけられる。

引き綱をはずしてふだんの日常に戻る

引き綱を犬の背中にたらし、一、二度レッスンをして良くできたらたくさんほめ、失敗したら厳しく、だが優しく訂正し、引き綱をはずしてふだんの日常に戻る。訓練がむずかしくなりがちな犬種には、どの命令も特定の行動が完了してやっと終わりになることを理解させる必要がある。命令に従ったら必ずごほうびをどんな形であっても、犬がひとりでできても、人間の助けを借りても、命令に対して適切な行動ができたら、犬をほめてやること。

犬がすでに理解している命令に反応しない場合は、強いてでもやらせなくてはいけない。間違いの訂正は厳しく、犬に人間がなにを望んでいるか身体でわからせなくてはならない。ただし手荒にしたり攻撃的にはしないで、犬が常に最後には命令をきちんと実行するのを見届ける。犬が命令を覚えてしまったあとでも、折にふれてほめてやり、行動が確立されるようにする。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

犬に知能があると認め言葉をしゃべるとまで考えた原始の人々

原始の人々は犬に知能があると文句なしに認め、言葉をしゃべるとまで考えたこともあった。たとえばアフリカのコンゴが植民地化されたとき、ヨーロッパ人は犬を火をもたらしたもの、偉犬な猟師、あるいは教師とまでみ …

no image

犬に従わせるには?

散歩の途中でこちらに来させて座れをさせる。テレビを見ているあいだに、犬に座れや伏せをさせる。この不意打ちの復習によって命令を確実に覚えさせるだけでなく、主人には常に注意を払い、命令されたらただちに従わ …

no image

聖書などの犬に関する肯定的な物語

キリスト教と犬キリスト教では、大体においてユダヤ教の犬に対する否定的な見方が受け継がれた。しかし、聖書の教えが民間伝承される中でその影響が薄められ、犬に関してもたくさんの肯定的な物語がみられる。グラナ …

no image

キャンベルハムスターのペットとしての魅力

・キャンベルハムスターの生活 ここでは、アメリカの哺乳類関係の専門冊誌に発表されたキャンベルの生活を主に紹介します。ペットとしての歴史が古く、研究もそれなりに進んでいるゴールデンやクロハラと違い、ドワ …

no image

ラッシーが犬とその知能に対する私たちの見方に大きな衝撃を与えたのは

ラッシーが犬とその知能に対する私たちの見方に大きな衝撃を与えたのは、この犬を素材にしたものが大量に出回ったためだった。パルは見るも無残に疲れきって水から這い上がり、身体を振って水を払い落とす力さえなか …