雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

犬のかわいさがしつけの足かせになることも

投稿日:

犬をしつける場合に問題となるのは、犬のかわいらしさである。子犬やペキニーズはあまりにかわいく無力に見えるので、厳しくするのはむずかしい。しかし、とくに訓練の初期段階では、すべての命令には強制が必要である。訓練には犬の体型を考慮すること。バセット・ハウンドはボーダー・コリーのようにすばやく正確な反応はできない。それは要求がわからないからでも、反応したくないからでもなく、たんにその独特の体型からすばやい反応ができにくいためなのだ。

さほど利ロでない犬の場合、課題の復習訓練をすることが生涯を通じて大切になるだろう。必ずしも正式な訓練をする必要はなく、日常生活の中で犬がある命令に応えられなかった場合に復習をおこなうのである。反復で基本的な命令は犬の日常の一部になり、もって生まれた知能程度はどうあれ、予測可能で信頼性の高い反応を示すようになる。良くできたらたくさんの報償がもらえる復習を通じて、犬の中に主人の命令に従えば得るものが犬きい、という概念がさらに強く植えつけられる。

引き綱をはずしてふだんの日常に戻る

引き綱を犬の背中にたらし、一、二度レッスンをして良くできたらたくさんほめ、失敗したら厳しく、だが優しく訂正し、引き綱をはずしてふだんの日常に戻る。訓練がむずかしくなりがちな犬種には、どの命令も特定の行動が完了してやっと終わりになることを理解させる必要がある。命令に従ったら必ずごほうびをどんな形であっても、犬がひとりでできても、人間の助けを借りても、命令に対して適切な行動ができたら、犬をほめてやること。

犬がすでに理解している命令に反応しない場合は、強いてでもやらせなくてはいけない。間違いの訂正は厳しく、犬に人間がなにを望んでいるか身体でわからせなくてはならない。ただし手荒にしたり攻撃的にはしないで、犬が常に最後には命令をきちんと実行するのを見届ける。犬が命令を覚えてしまったあとでも、折にふれてほめてやり、行動が確立されるようにする。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

犬の被毛の種類は色々

オオカミ、ジャッカル、野生犬はだいたい同じ被毛を持っており、彼らが住んでいる土地の気候が寒いか暖かいかに応じて毛の長さや密度が異なる程度である。それに対し、犬たちの被毛は意図的に改良され、多種多彩にな …

no image

犬の群れのリーダーと部下のそれぞれ特徴的な行動

群れのリーダーと部下にはそれぞれ特徴的な行動がある。リーダーはどんな食べ物でも第一優先権があり、好きな場所で寝ることができ、いかなる出入り口も最初に通過し、新しいテリトリーへ最初に足を踏み入れ、望んだ …

no image

ハムスターを慣らすには?

・慣らすときの注意点 なによりも落下事故に注意して、ドワハムをあまり高く持ち上げないように気をつけます。最初はちょっと緊張していますが、やがて手の上でくんくん匂いを嗅ぎ出すはず。両手でドワハムをすくう …

no image

犬を飼うならご近所トラブルなどに気をつけよう

飼うことが決まったら、どこでどのように飼うのかを事前に決めます。まずは室内で飼う場合、居間の隅など家族とコミュニケーションがとれるようにしましょう。その次は、犬のための生活用品の用品揃え、あとは犬がく …

no image

狩猟犬の訓練に最適な環境とは?

狩猟犬の訓練には、鳥が集まる場所は避けたほうがいい。ひらひらする服装、風にゆれるロング・スカート、スカーフ、タイ、飾りなども避けたい。ある服従訓練競技会で、新顔のアイリッシュ・セターが、リングサイドの …