雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

犬の威嚇やポーズの持つ意味

投稿日:

進化論をとる生物学者は、オオカミの白い毛は、尾による合図をさらに明確化するためだとも考えている。オオカミの中には尾の先が黒くなっているものもいる。これは、尾の位置と動きが見えやすくなる機能をはたしている。頭をわずかに傾けたり、ロをゆるめ、軽く開けたりする動作をともなうと、意味は変わってこれはじつに面白いあるいはわからないなあとなり、その対象を調べにかかる。

しかし、歯をむき出し鼻の上にしわを寄せる動作をともなう場合は、強い犬の攻撃的な威嚇を表すことになる。犬は視線を合わせ、耳を立て、目を動かすことによって情報を伝え、相互に関わり合うほかの犬や人間の行動に応答することが、多くの例で実証されている。耳の位置はすべて、犬が自然で正常な状態にあるときの耳の位置と比較して判断しなくてはならない。耳が立つか、わずか前方につき出るあれはなんだ?もの音に反応したり、新たな状況を探る場合の注目のしるし。

直視を避けて、目をそらせる

あまりに短く断耳された犬や非常に長い耳を持つ犬は、読みとりにくくなる。耳をやや後方に引くジャーマン・シェパードなどの立ち耳の犬の場合は、耳はわずかに外側へ折れ、両側につき出る。これは気に入らないなあるいは戦うか逃げるかしようの意味である。疑いの表情であり、攻撃性と不安の両方が示される。頭のうしろに両耳をびったり伏せる怖いあるいは攻撃を受けたら身を守ろう。

これはなんらかの攻撃的動作をともなうのがふつうである。直視を避けて、目をそらせる。あなたがボスで結構ですあるいは私は面倒は起こしたくありません。まっすぐに視線を合わせる。これは挑戦を受けたときの、劣位の犬の反応である。いったい自分を何さまだと思ってるんだあるいは支配権を奪ってやるぞ。これはふつうは群れにおける対立にともなう、優位な犬の行動である。こういったように、犬の反応には色々な意味があるのである。色々勉強してみよう。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

ハムスターの生後1ヶ月までの道のり

ハムスターは、生後10日くらいになると、母ハムの食べ残しや落ちているペレットのかけらなどを、誰に教えてもらうわけでもなく自然に食べはじめます。もう、子ハム用に小さく切ったニンジンや小松菜、チンゲン菜、 …

no image

犬はどのような知能をもっているのか

ある人の話。その日の午後、珍しく雲が晴れて太陽の光が窓から注ぎ込み、堅木の床に大きな金色の輪を作った。仕事を終え、コーヒーカップを取りにキッチンへ行こうとしたとき、私はキャバリア・キング・チャールズ・ …

no image

デカルトの仮説-動物に心はあるのか?

デカルトの目標は、動物は意識も知能ももたない、たんなる機械である、という仮説を証明してみせることにあった。彼はルイ一四世がそこで生まれ、居城としたサン・ジェルマン・アン・レー宮殿の庭にある等身犬の自動 …

no image

犬と宗教についての新しい情報がもたらされた

アズラエルの奴は命をひとつ取るたびに(それがまず第一に彼本来の使命だからね)、自分のリストから名前を消していく。で、そのときに、もともと犬が好きなためか、あるいは彼らの勇敢さに免じてか、天使は犬の飼い …

no image

何故社会的技能や対応力が知能と呼ばれる能力に数えられるのか

なぜ社会的能力や対応力が知能と呼ばれる能力のひとつに数えられるのかという疑問が湧くかもしれない。それに答えるには、意識の問題までさかのぼる必要がある。自分と同種のほかの個体と交わり、その行動を予測し、 …