雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

犬の吠え声の色々な意味

投稿日:

ケアーン・テリアは跳躍が得意なのだが、ハイ・ジャンプを命じられると、一回だけの喜びの吠え声をあげる。ほかの犬たちは餌の皿を前にすると、同じ吠え声をたてる。犬の吠え声には、色々な意味があるようだ。何度か連続して高鳴きする。痛いよう!怖いよう!これは深刻な恐怖や苦痛に対する反応である。一回だけ高鳴き、つまり非常に鋭く短く高音で鳴く痛いっ!これは思いがけず突然痛い目にあったときの反応である。

尻上がりの吠え声。この声を言葉に表すのはむずかしいが、一度聞けばすぐにそれとわかる。吠え声が連続するのがふつうで、毎回中音から始まって急に鋭く高くなる。ワンと言ってからキャンと高鳴きするような感じだが、実際はそれほど高くはない。なんて面白いんだろ!と言っている。これは遊びの吠え声で、くんずほぐれつの遊びの最中の興奮を示す。こもった中音で吠える犬のふつうの吠え声がワンと表されるとすれば、この場合の声はウー・ワンとなる。これは遊ぼう!の意味で、遊びの行動を誘うときに使われる。

中高音のうなり声に吠え声が続く場合

中高音のうなり声に吠え声が続く場合。心配だ(あるいは怖い)。だけど自分の身は守らなくちや。これはあまり自信のない犬の威臓で、いざとなったら反撃にでる用意があることを示す。弱い低音のうなり声。気をつけろ!引っ込んでろ!これは威麻として使われ、これを聞くと相手は身を引き、威麻した犬に場所をあける。低いうなり声に吠え声が続く場合明確なうなり声が、吠え声へと変わる。これは頭にきた、相手になってやるぞ!を意味する。

うなり声は独立して発せられる場合も、吠え声の代わりとして威麻の度合いを強調するために使われる場合もある。高低のあるうなり声。中低音から中高音まで上下するうなり声で、声が高くなるときに吠え声に似たものをともなうことが多い。そっちが近よってきたら、戦うかもしれないし、逃げるかもしれないという意味である。これは勝ち目のない犬が怖いながらも強がっていることを表すのでる。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

犬猫の祖先はミアキスと呼ばれる小さい動物だった

古代生物学者のほぼ一致した意見によれば、犬の前身はミアキスと呼ばれる、木に棲む不思議な小さい動物であった。この動物はおよそ四〇〇〇万年前に生息していた。ミアキスはミンクぐらいの大きさで、短い脚、長い尾 …

no image

パリア犬はインドやその他の中東全域で古代文明時代に知られていた

組織された集団で小動物の狩りをおこない、アンテロープやガゼルを獲物とする場合、子どもや弱ったものを選び出し、統制のとれた狩りをおこなうのがふつうである。しかし、野生犬は人間と長く関わり合ってきた。群れ …

no image

ペット業界のトップランナーのような存在へ

ペット業界のトップランナーのような存在へ。各社がそれぞれ明確な経営理念と事業戦略をもち、消費者の視点に基づいたビジネスモデルを確立し、その具体的目標達成に向けて努力しています。そして、経営品質とブラン …

no image

犬には意識があり判断を下し問題を分析し意思を通じさせる能力がある

助けを呼びに行かなくては。でも、どこへ行けばいい?ショップは主人が危険なのを察知した。熊の一撃を受けて引き裂かれたダンの上着からにじみ出る血が、彼にそのことを教えていた。あの人ならきっと助けてくれるだ …

no image

ラブラドールについてのお話

黄色いラブラドール・レトリーパーのブラッドリーの話をご紹介しよう。ある人の飼い犬ブラッドリーはハンサムな犬だったが、女主人とその夫がなにを言おうとほとんど無視し、引き綱を強引に引っ張り、吠えたて、近く …