雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

犬は特殊な発声を学習することができる

投稿日:

犬は特殊な発声を学習することができる。たとえば、吠えろという指示に従って犬があげる声は、自発的な吠え声とは違っている。犬の中にはしかるべき時にしかるべき声を出すように、しつけられているものもいる。同じことが、警察犬や防衛犬が学習して出す吠え声にもいえる。心理学者のジャネット・ウァーカーが飼っているプードルは、昼間のあいだひとりで留守番をしている。

毎晩、家族は家に帰るたびに、待っていた犬に明るく歌うような声でハローと声をかけた。しばらくすると、犬はそれに似た二音節のアー・ローという発音を覚え、いまでは戻ってきた家族を、そう言って迎えるようになった。犬が発する信号と動作犬はまた身体を使って社会的、感情的なことがらを伝える。家族に対してだけに限られ、知らない人には決して言わないそうだ。

単純な吠え声、喉声、うれしそうなうなり声から、もっと複雑なヨーデルや人間の言葉に似た声までを出すこともある。犬の尻尾、目、耳、日のすべてが私たちに語りかけ、さらに身体全体の姿勢によって特定のメッセージを修正し、情報を追加する。

テリアのニンジンのような尻尾は高く上がるが

尻尾の位置は群れにおける順位や気分の状態を表す重要な指標となる。ただし犬生来の尾のつき方によって多少のちがいがあるのは当然である。テリアのニンジンのような尻尾は高く上がるが、ゴールデン・レトリーバーの飾り毛のある尾は垂れがちで、自然な状態のグレーハウンドの尾はさらに低く垂れる。身体からまっすぐ水平に尻尾をつき出す場合。よそ者や侵入者に出合ったときの最初のおどしの一部である。

第身体からほぼ水平に尻尾をつき出すが、尻尾は緊張していない場合これは注目のしるしである。およそなにか面白いことが起こりそうだぞといった意味である。尻尾が水平と垂直の中間ぐらいの角度で上がっている場合これは優位の犬もしくは優位の座をねらう犬のしるしで、ここでは俺がボスだと言っているわけである。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

犬は音楽を理解できるのか?

犬は音楽に反応するのか?犬が音楽に反応するのではないかと思わせる例が、いくつかある。犬が歌うという話をよく耳にする。あるとき私は、人間の家族がピアノを囲んでクリスマスキャロルを歌うたびにパセット・ハウ …

no image

子犬購入時に注意したい点

5月頃は、ノミやタニが活動を開始する時期ですから、まずは犬舎の消毒を行います。抵抗力が弱いので、1匹でも見つけたらすぐに使いはじめましょう。また、つめの手入れも忘れずに行いましょう。 春、秋といった毛 …

no image

大都市圏でのペット増加の背景

大都市圏でのペット増加の背景 ・大都市圏でペット飼育が増加中 ペットフード工業会が二〇〇四年一〇月に行った第一一回犬猫飼育率全国調査によると、日本では現在、さまざまなペットが飼育されています。飼育形態 …

no image

犬の順応性が発揮された例

学習の行程はじつに簡単で、日常の中での偶然のできごとがきっかけだった。家を訪れたひとりの客は、ケアーン・テリア犬が、キッチンの床に置いてあるからになった水の皿を私のほうへ押し出す姿に驚嘆した。私が水が …

no image

子犬を外出させる際の注意点

子犬の外出の際には、車の中などしっかり囲われた場所以外では、絶対に引き網をはずしてはならない。気をつけなくてはいけないのは、子犬を幼い子どもに見せる場合である子どもはっい乱暴に扱いがちになる。そしてほ …