雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

犬の学習能力や問題解決能力が優れていれば

投稿日:

犬の知能の程度と性質を査定する最良の方法は、犬が自分たちのために、あるいは人間のためにはたす役割の中で、その知能がどのような形で示されるかを観察することだろう。この査定から、三種類の顕在知能、つまり完全に計測可能な犬の知能が明らかになってくる。学習能力は、個体がなにかをかなり永続的な記憶として符号化する際に必要とした経験の回数で測られる。

優れた学習能力をもつ個体は、ひとつの状況をくり返し経験しなくても、役に立つ記憶や連想を作りあげることができる。もし犬がどんな詩でも一、二回読んだだけで暗唱すれば、この子はとても頭がいい!と言うだろう。日常の中で語られる知能というと、学習や問題解決能力を指すのがふつうである。たとえばむずかしい数学の問題を解いたとき、私たちはなんて利口な子だろう!と言う。問題解決能力が優れていれば、解決までに時間がかからず、出発点を見誤ることも、袋小路に迷いこむことも少ない。

学習および問題解決の能力

学習および問題解決の能力は、昔から子どもが学校の成績表で計測されてきた能力である。問題解決能力は、頭の中で障害を取り除き、情報同士をつなぎ合わせて正しい答えを出し、以前に学習した情報を環境内の新しい状況に適応させ新たな手法を見出す能力である。日常の中で発揮される順応的知能としては、人間では製品をいかにより多く売るか、料理をいかに上手に調理するか、野生動物では獲物をいかに追跡して捕らえるか、子どもをいかに育てるか、といった例が挙げられる。

問題がくり返し発生すれば、解決は記憶の中にたくわえられ(習得)、個体はその後同様の状況に遭遇したときに、より迅速に最良の反応をすることができるようになる。人間の場合も動物の場合も、これらの能力は順応的知能を形成する。それによって個人は環境に適応し、自分の必要に応じて環境を修正することができる。学習と問題解決の相互作用によって、行動はより効果的なものとなるだろう。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

犬の身体の動きで様々なことが分かる

犬は身体と脚を使って、さまざまな表現をおこなう。ここでも中心となるのは社会的なことがらである。 横腹を見せたり、完全に仰向けの姿勢で寝ころがる。もうごたごたはゃめましょう、あるいはあなたを怒らせるつも …

no image

犬の音への反応を調べるテスト

犬の音への反応テストというものがある。このテストをおこなうためには、テスト者は音が聞こえてくる方角に犬の背中を向けさせたら、テストが終わるまで犬に触らないようにする。犬が位置についたら助手は缶を三回す …

no image

再生資源でペット用品

・再生資源でペット用品 あるペット事業部では、言葉をもたないペットの声を聞くために、飼い主のモニターマーケティングを徹底して行っています。これによって収集したペットの習性や行動を分析することで、ペット …

no image

コーギーなどの犬の病気の注意ポイント

コーギーには、元気でいつまでも若々しいという長所があります。しかし、純血種の犬には、体の特徴や体質によってかかりやすい病気、遺伝的疾患がいくつかみられ、これはコーギーも例外ではありません。 膀胱炎が基 …

no image

犬の出産の準備や産後の飼い主の処置の仕方

犬の出産の準備や産後の飼い主の処置の仕方。 出産にかかる時間は、個体差や子犬の数によって異なります。子犬の数は6〜8匹ぐらいです。なお、冬期は産室の室温を保つように、産箱にペットヒーターなどを入れて保 …