雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

犬の学習能力や問題解決能力が優れていれば

投稿日:

犬の知能の程度と性質を査定する最良の方法は、犬が自分たちのために、あるいは人間のためにはたす役割の中で、その知能がどのような形で示されるかを観察することだろう。この査定から、三種類の顕在知能、つまり完全に計測可能な犬の知能が明らかになってくる。学習能力は、個体がなにかをかなり永続的な記憶として符号化する際に必要とした経験の回数で測られる。

優れた学習能力をもつ個体は、ひとつの状況をくり返し経験しなくても、役に立つ記憶や連想を作りあげることができる。もし犬がどんな詩でも一、二回読んだだけで暗唱すれば、この子はとても頭がいい!と言うだろう。日常の中で語られる知能というと、学習や問題解決能力を指すのがふつうである。たとえばむずかしい数学の問題を解いたとき、私たちはなんて利口な子だろう!と言う。問題解決能力が優れていれば、解決までに時間がかからず、出発点を見誤ることも、袋小路に迷いこむことも少ない。

学習および問題解決の能力

学習および問題解決の能力は、昔から子どもが学校の成績表で計測されてきた能力である。問題解決能力は、頭の中で障害を取り除き、情報同士をつなぎ合わせて正しい答えを出し、以前に学習した情報を環境内の新しい状況に適応させ新たな手法を見出す能力である。日常の中で発揮される順応的知能としては、人間では製品をいかにより多く売るか、料理をいかに上手に調理するか、野生動物では獲物をいかに追跡して捕らえるか、子どもをいかに育てるか、といった例が挙げられる。

問題がくり返し発生すれば、解決は記憶の中にたくわえられ(習得)、個体はその後同様の状況に遭遇したときに、より迅速に最良の反応をすることができるようになる。人間の場合も動物の場合も、これらの能力は順応的知能を形成する。それによって個人は環境に適応し、自分の必要に応じて環境を修正することができる。学習と問題解決の相互作用によって、行動はより効果的なものとなるだろう。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

デカルトの仮説-動物に心はあるのか?

デカルトの目標は、動物は意識も知能ももたない、たんなる機械である、という仮説を証明してみせることにあった。彼はルイ一四世がそこで生まれ、居城としたサン・ジェルマン・アン・レー宮殿の庭にある等身犬の自動 …

no image

母ハムスターのためのスペシャルメニュー

・母ハムのためのスペシャルメニュー 母ハムは、自分と胎内の子ハムたちのための両方の栄養を必要としています。いつも以上に栄養たっぶりのエサと水を毎日欠かさないようにしましょう。ひまわりの種などの種子類、 …

no image

両手を振りながら犬に応えた

オランダ船のふたりの高級船員と数人の船員がはしけに乗り移り、場頭の税関へ向かいはじめた。ハンリーは横浜港に入港し、材木の荷おろしがはじまった。ハンリーが、材木をおろしているオランダ汽船シマロアに横づけ …

no image

犬は言葉を話すことができるのか?

野生の世界では犬もオオカミも群れをなして共同で狩りをおこない、群れの中で互いの地位を尊重し、乳離れはしたが、まだ狩りには幼すぎる子どもたちの面倒をみるなどの義務をはたす。ガードナーの分類した知能では、 …

no image

犬のストレス解消法-おもちゃや留守番中の困った行動の予防

犬のストレス解消法には、色々とあります。 犬の留守中の困った行動を予防したり直したりするために、「散歩」や「遊び」など人間にとって望ましい方法で、ストレスを解消させてあげましょう。犬との信頼関係を深め …