雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

犬とのふれあいがストレス反応を減少させることを実証

投稿日:

飼い主に慰めと喜びを与えるという、小型犬の能力は実用主義にはまったく理解されなかった。しかし、いまではその意見も変わり、犬は子どもたちの大事な遊び相手として存在が認められている。自閉気味の子ども、社会的人間関係やうつ病に苦しむ犬人、孤独や疎外に悩む老人、そのいずれもが友となる犬の存在によって慰めを得ている。犬はあらゆる年代の人々にとって必要な愛情と社会的なふれあいを提供し、精神療法の一助にもなると考えられ始めた。

犬とのふれあいがストレス反応を減少させることも実証されている。犬と暮らしている老人のほうが同じ年齢で犬を飼っていない老人にくらべて身体の故障を訴える率が少なく、医者に通う回数も少ないという調査結果がある。へンシルヴェニア大学の心理学者ジェームズ・リンチとアーロン・カッチャーは、人が可愛がっている犬をなでるとき、心拍数がゆっくりになり、呼吸は正常になり、筋肉の緊張度も低下すると証明している。つまり、ストレスの身体的徴候が薄れるのである。

愛犬が家にいたほうが長生きできるかも

どうやら愛犬が家にいたほうが、長生きできそうな気配である。最近では、エリカ・フリードマンという研究者が、重い心臓疾患で入院した人々の延命率を調べた。病院で治療を受けた一年後では、犬を飼っている人たちのほうが、飼っていない人にくらべて存命率が高いことがわかったようである。

また、犬の本能的知能は、犬の遺伝子に組み込まれた行動や技能が表面化したものだが、順応的知能は犬が生きているあいだに身につける知識、技能、能力一般と関わり、犬の場合、順応的知能は大きくふたつの構成要素から成り立っている。学習能力は、犬が新しい関係を学びとれる度合いである。この学習には複数の形態がある。観察学習、は、日常的で自然な学習法で、それによってある原因と結果の結びつきを理解するわけだが、観察者の側からの直接的な働きかけは必要としない。この学習を通して、犬は主人が冷蔵庫に向かうと、なにか食べるものが出てくるのを悟るのである。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

犬の吠え方の違いで感情を理解する

犬の声の長さは重要である。高い声で短く切れる場合は、恐怖や苦痛を示すことが多い。しかし高い声でもゆっくりとくり返される場合は、遊び気分や楽しいことへの期待を示している。たとえば低い声で長くうなる場合は …

no image

動物の群れを追いたて制御する力

牧羊犬の遺伝的プログラムは、群れを追いたてることである。オオカミは動物の群れを少しだけ正面から追いあげては退却する、という動作をくり返す。動物を思いどおりの方向へ追いたてるために、瞳や横腹に一瞬牙を立 …

no image

ディンゴは犬型の哺乳類

ディンゴとして知られる種類は、身体的特徴がアジアオオカミと非常に似ており、のちにオーストラリア・アボリジニーと呼ばれるようになった遊牧民とともにオーストラリア犬陸に渡ったとされている。当時なかば家畜化 …

no image

優れた使役犬などの犬種を作りあげるのは性格と知能の組み合わせ

優れた使役犬・家庭犬を作りあげるのは性格と知能の組み合わせである。性格テストで上位に入った犬は、人間の指示に従って働く素晴らしい服従犬になる可能性がきわめて高い。作業・服従知能の成績は良くないが、性格 …

no image

名犬リンチンチンの映画-唯一の犬のスター

リンテイは、伝記映画まで作られた唯一の犬のスターだった。一九七六年に封切られたこの映画はウォントントンハリウッドを救った犬というタイトルがついていた。主役を務めたのはアウグストウス・フォン・シューマッ …