雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

犬のテリアが実際に体験した苦難の旅は映画化していない

投稿日:

動物物語好きにとっては残念きわまりないことに、どの映画会社も、いまのところ、へクターという名のテリアが実際に体験した苦難の旅は映画化していない。ウォルト・ディズニー・プロダクションが製作した名作映画『三匹荒野を行く』は、数百キロもかなたに引っ越してしまった主人一家の新居をめざして、古い屋敷から旅立った二匹の犬と一匹の猫が、犬変な苦労をしながら見知らぬ荒野を踏破して主人のもとへたどりつく、という実話をもとにした映画だ。知っている人もいるだろう。

一九二二年四月二十日の朝、汽船ハンリーのハロルド・キルドール二等航海士が荷積みの監督にいそしんでいたとき、タラップをのぼって乗船してくる白黒ぶちのテリアを目撃した。この黒と白のぶちの犬柄なテリアは、家を捜しあてたペットの物語のなかでも、ひときわすばらしい偉業をなしとげたのだが。

同じ日、キルドールはその犬きなテリアがときおり埠頭に姿を見せ、べつの四隻の船をチェックしているさまを目にした。犬は、デッキをうろっきながらさまざまなものの匂いをかいでから、ワシントン州バンクーバーの国有埠頭の岸へともどっていった。

目でその犬を捜す程度のことしかできなかった

翌日、船が横浜へ向けて出港したあとで、キルドール二等航海士は、こっそり乗りこんでいた大きな白黒のテリアを見つけて仰天した。犬の不思議な行動や、目的がありそうな様子に興味をおぼえたキルドールだったが、出港を控えたハンリーでの仕事が忙しすぎて、たまに目でその犬を捜す程度のことしかできなかった。

船長も船員たちも、テリアを温かく迎えてくれた。幸運にも、船長のワーナーが犬好きだったおかげで、へクターは船外に放りだされて鮫の餌にされる運命をまぬがた。

へクターは乗組員たちとは一線を引いて、だれにもかれにも愛想をふりまいたりはしなかった。へクターは自分の食い扶持は自分で稼ぐっもりだったーキルドール二等航海士と一緒に毎晩当直に立ったのであった。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

犬に従わせるには?

散歩の途中でこちらに来させて座れをさせる。テレビを見ているあいだに、犬に座れや伏せをさせる。この不意打ちの復習によって命令を確実に覚えさせるだけでなく、主人には常に注意を払い、命令されたらただちに従わ …

no image

ハムスターのお見合いの仕方

単独飼いをしているハムスターのオスとメスのお見合い法を紹介します。オスとメスのケージを近づけ、ケージごしにお見合いをさせる。このときのケージは、水槽タイプだとお互いの匂いが嗅げないので、金網製がおすす …

no image

犬に対する指示語には多くのものがある

犬に対する、色々な命令語を紹介していきます。 ・外へ(アウト) 部屋ないし犬舎から出る。 ・守れ 私と近くにいる人間のあいだに立ち、おどすように映える。 ・よし 訓練が終了し、命令がすべて終わったこと …

no image

蛇を飼う人の心理-噛むの?夢に出そう 費用は高いの?

蛇を飼う人の心理はどうなっているのだろう、と思う時があるという人は多いかもしれない。蛇を飼っているという人には、なかなかお目にかかる機会はないかもしれないが、蛇を自宅で飼うのはどんな人たちなのだろう? …

no image

戦争中に犬に爆弾を背負わせた悲しい歴史

第一次世界大戦の時代に、犬が戦場に出た。フランス軍はとくに犬の鋭い聴覚を活用した。歩哨犬を前線のあちこちに配置したが、たいてい三〇メートルほど距離を離した二頭を一組にして使った。ドイツ軍は警備と歩哨の …