雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

犬がボールなどを持ってくるか調べるテスト

投稿日:

犬がものを持ち帰るテストというものがある。このテストでは、テスト者は膝をつき、子犬をうしろ向きにしてテスト者の膝前あたりに置く。紙を丸めてボール状にしたもの(テニスボールよりやや小さめぐらい)を犬の前にぶら下げ、楽しげな声でほしい?とれる?などの言葉で、少し子大をからかう。こうして犬の興味をかきたてる。子犬が紙のボールのほうに向かったら、テスト者は五〇センチほどうしろにさがる。

子犬が少しでも興味を示したら、テスト者は紙のボールを一メートルほど前に投げてやる。犬が紙をくわえて戻ったら、充分にほめてやること。子犬が紙のボールを拾いあげたら、ボールをこちらに持ってくるように声をかけて励ます。持って来なかったら、テスト者は犬の注意を引きながら立ちあがって紙のボールを拾いあげる(もし犬が紙をくわえて別の方向に走り出したら、大を抱いて元の位置に戻す)。犬の反応がどうあれ、テスト者はすぐに元に戻って、同じことをくり返す(これがテストになる)。

いずれのテストも採点方法は同じ

いずれのテストも採点方法は同じである。犬が紙を追いかけ、拾いあげてそのまま別の方向へ逃げて行った場合は一点で、A闘にしるしをつける。犬が紙のボールを追いかけてその上に乗ってしまい、こちらに戻って来ない、あるいは追いかけ始めるがすぐに興味を失った場合は二点。犬が紙のボールを追いかけ、紙をくわえても、くわえなくてもテスト者のところに戻ったら三点。紙を追いかけようとしない場合は一点で、S欄にしるしをつける。

また、服従訓練では、引き綱をくいと引いて喉をしめつけるなど、瞬間的に不快感を与えて身体で覚えさせる場合も多い。こうした不快感をあまり感じない犬は、橋正にも反応を示さず、教えこむのがむずかしい。肉体的不快に敏感すぎる犬は、この穏やかな橋正手段にもおびえたり抵抗したりして、訓練はむずかしくなる。このテストは、指で徐々に強くはさむことが必要になる。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

犬の健康管理は季節によって異なります

犬の健康管理は、季節によって異なります。それぞれのシーズンの特徴に合ったケアを行い、快適にすごせるよう心がけましょう。感染症の予防は、狂犬病は年1回の予防接種、フィラリア症は毎年5〜11月まで月1回の …

no image

愛犬の健康管理はあなたしかできない

家族の誰かがリーダーにならないと、大は不安でたまらない。愛犬に家族の誰がリーダーなのかを教えるためには、しつけをしなければならない。それにより愛犬はリーダーが誰かわかり、安心して生活できるようになる。 …

no image

ペットには前世はあるのか

ペットには前世はあるのか興味がある方もいるだろう。 物理学の最新学説を用いることによって、精神の超常的な作用を解明しようと試みた名著『ホログラフイック・ユニヴァース』の著者、マイケル・タルボットは、飼 …

no image

ペット用品店-ビジネスの代表的な業態

ペットに関わるビジネスの代表的な業態がペットショップです。ペット生体、ペットフード、ペット用品の三大商品をワンストップサービスで提供する店、さらにはペットサロン、ペットホテルなどのサービス施設を併設し …

no image

ハムスター選びのポイント

・パートナー選びのポイント かわいいからといって安易に飼ってしまっていませんか?ハムスターと暮らす前に、ちょっとだけ考えてほしいことがあります。か弱いドワハムたちを責任を持って守ってあげられる飼い主に …