雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

犬は大人の遊び相手としてこの世にもたらされた

投稿日:

私たちは愛犬の間抜けな行動やおどけたしくさに笑いころげ、あまり自慢にはならないが、犬事な時間ずいぶん、犬たわいのない遊びで費やしてしまう。知らない人に対しても職場で、状況変化にも対応できる動物が作りあげられた。ある犬種は特殊な目的や仕事のため、また別の犬種は持ち前の気性のために(たとえば、攻撃的で、番犬に適した犬もいれば、優しくておとなしく、愛玩用や遊び相手にした犬もいる)、人間の手で意図して作りあげられた。

そして、子犬のように遊ぶことが好きな犬が選択されてきた。ある専門家は、この観点をさらに一歩進めて、犬は大人の遊び相手としてこの世にもたらされたと考え、犬を飼う最犬の倫しみは、犬の前でバカなことをして、犬はたしなめもせず、一緒になってパカなことをしてくれる点であると語っている。原始人たちがさまざまな種類の犬の中からいかにして遺伝的操作をおこなったのかは、いまだに謎である。

人間の必要や欲望を満たすべく人間の手で計画

好もしい特徴をもつ二頭から生まれた子どもに、両親の美点が受け継がれているのがわかったため、最初の意図的な交配がおこなわれるようになったのであろうか。その後は良いと認められた子孫だけが残され、さらに交配が続けられた。その多くはまったくの偶然であり、その後試行錯誤がくり返されたと思われる。

私たちのペットの染色体に残された遺伝子の起源を、野生のイヌ族のいずれか一種に求めるにしても、その多く、あるいはすべてに求めるにしても、現存する犬たちは、いってみれば人間の必要や欲望を満たすべく、人間の手で計画され選択されてきたものだ。選択育種は流動的な行程である。歴史に残る犬種の中で、現在は絶えはてたものも多い。それは、独自の特徴が時代や環境の変化とともに望ましいとされなくなったためだったり、犬種として固定化できなかった。犬は人間の要求に完全に適応し、完全に人間の生活に溶け込んでいるようだ。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

服従知能の低い犬の傾向

作業・服従知能の程度が最も低く、最もむずかしいと判断された犬種。これらの犬種では基本的な作業を教えるために一〇〇回以上くり返すのは珍しくなく、何度も訓練し直してやっとなんとかこなせるようになる。これら …

no image

猫はそのつらい体が許すかぎりの速さで彼女のもとへやってきた

一九五五年四月、職場を変えた正看護婦のヴィヴィアン・オールグッドは、オハイオ州サンダスキーからフロリダ州オーランドへ引っ越さなければならなくなった。愛するペットと別れざるを得ない状況というのはいつも悲 …

no image

犬の鳴き声や色々な反応から気持ちを読み解く

犬の犬の鳴き声や様々な反応には意味があるので、紹介していこう。 犬が鳴き声で、騒がしいうなり声で、歯は見せていない場合。面白い遊びだなあー楽しいなあーこれはふつう遊びの中で発せられ、グフグフという犬の …

no image

ハムスターを家に迎える際の注意点

・1匹ずつみんな性格が違う どんな種類のドワハムでも、人になれるコもいればなれないコもいるのは当然のこと。ドワハムとひとことでいっても、1匹ずつみんな性格が違います。でも、種類ごとの大まかな傾向はある …

no image

ラブラドールについてのお話

黄色いラブラドール・レトリーパーのブラッドリーの話をご紹介しよう。ある人の飼い犬ブラッドリーはハンサムな犬だったが、女主人とその夫がなにを言おうとほとんど無視し、引き綱を強引に引っ張り、吠えたて、近く …