雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

犬に遊びで吠えさせることなどをする

投稿日:

ノーベル賞受賞者で、動物心理学の権威であるコンラート・ローレンッは、動物は遊びを通して生物ではないものと社会的対象、その両方への対処の仕方を学ぶと語っている。彼は、遊びは犬に新たな独創的行動を必要とする未知の状況を与えると考えた。それによって犬の心が育まれ、経験がより豊かになり、知的発育が促進される。犬の経験を豊かにするーそして飼い主自身の人生も明るくさせる。最良の方法のひとつが、遊びである。ものを取って来る遊びは刺激的で、有効でもある。

ただものを投げるとき取って来い取れ、そして犬の口からものを取りあげるときは、はなせ出せなどの言葉を忘れないこと。おねがいをする仰向けなどの特技からでも、服従訓練競技用の正式な訓練と同様に学習能力を高めることができる。犬を訓練すればするほど、学び方がより早くなり、新しいことを教えるのもらくになる。教える内容は、ほとんど問わない。

犬に吠えさせるような遊び

犬に吠えさせるような遊び(吠えることを自主トレーニングさせる場合は、吠えろあるいは守れなどの言葉を使う)や、犬を興奮させる遊び(レスリングや、犬をころがすことなど)も、そこまでやめノー(いけない)などの言葉を教える良い機会になる。遊びの最中に注意しなくてはいけないのは、犬が攻撃の真似をしたり牙を立てようとしたら、絶対にやめさせることである。噛みつくのを挑発するように、犬の顔の前で指をひらひらさせたりしてはいけない。追いかけっこ(ときどきは犬に勝たせてやること)は楽しく、主人に対する犬の注意力を増加させる。

その言葉を言ってから、子犬の身体を押さえて伏せの姿勢を取らせ、それまでの遊びをやめたらほめてやる。綱引きもしないほうがいい。この遊びは犬の支配性を助長し、性格上良くない影響を与えてしまう。大まかにいって、成犬になった場合にあなたを不倫快にさせ、傷つけ、おびえさせ、不安がらせる行動をうながすような遊びはしないこと。とくに子どもが相手だった場合を考えること。ふさわしい遊び方を選んで犬と遊んでやれば、さらに利口な犬を作りあげることができるのである。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

ハムスターを留守番させる場合の注意点

ハムスターを留守番をさせるか、あるいはいっそ旅行に連れて行くか。道はふたつににひとつ。動物を飼っているときは、原則として旅行はあきらめるべき。でも、緊急な用事で家を空けるときもあるでしょうし、どうして …

no image

ハムスターのケアの方法

・シャンプーや水浴び ドワハムは、野生では水浴びの習慣はありません。毛の脂分が落ちてしまいますし、毛が濡れると乾きにくいので風邪の原因にもなります。水やお湯を使って体を濡らすのは厳禁。どうしてもシャン …

no image

猟犬のポインターは先込め式猟銃の発明を補うべく改良がおこなわれた

猟犬のポインターは先込め式猟銃の発明を補うべく品種改良がおこなわれた。この銃を効果的に使うためには、音をたてずに主人を獲物の潜む場所まで案内し、その位置を教える犬が必要だった。猟師は二頭一組で使う場合 …

no image

犬の脳波では生後五週間までは子犬の脳はまだ機能的に未熟

脳波測定でも、生後五週間までは子犬の脳はまだ機能的に未熟である。しかし七週間ぐらいで、子犬の脳波パターンは成犬とほぼ変わらなくなる。犬も人間も同じように年齢に応じて知能が変化する。人間では顕在知能は幼 …

no image

ドワーフハムスターの飼い方の注意点

ドワハムの中でも、とくにジャンガリとキャンベルは、太りやすいことで有名。これは、彼らがたくさん運動しなくてはいけないのに、カロリーが消費できない環境で飼育されているからです。体が小さいからケージも狭く …