雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

院長室でお宝をいただく-病院でのある出来事

投稿日:2015年5月24日 更新日:

通常、多くの病院では年に2度、7月と年末に大々的なカルテの整理をする。O病院もその例にもれず総整理となるのだが、総合病院だけに、その枚数はムチャクチャな量になる。夏、O病院にまたパニックの季節がやってきた。事務局は職員総出でことにあたるが、まさに右往左往のパニック状態である。おまけに今年は、新規にパソコンを導入したため、その入力作業だけでも多忙をきわめた。

病院内は空調が整備されているとはいえ、書類の束は重く、ほとんど力仕事に近いから、職員一同汗ダクである。一晩中働いて下着までぐっしょり、靴下はもちろんムレムレだ。昼間は外来患者との応対もあって、ほとんど満足に進まないため、勢い仕事は夜までもつれ込む。夏の暑い盛りに残業残業の連続である。

佳境に入ると徹夜も問わなくなるから、そのまま昼勤につくこともある。「せめて汗臭い靴下だけでも取り替えたいよ」そう事務員の1人がこぼすのを聞いて、妙案を思いついたのが、秘書室のAさんだった。「そうだ、院長室からいただこう」実はこの時期の院長室はお中元の宝の山なのだ。

備品は院長室より放出します

Aさんに連れられて、事務局代表Bさんが恐る恐る院長室に忍び込む。勝手知ったるAさん、「この辺が靴下、この列がハンカチ、あ、タオルもいるね。こっちの山だ」と、テキパキと指示を出した。10畳ほどはある院長室のほぼ半分に、デパートの包みがうずたかく山積みされている。

人数分の靴下とその他モロモロを確保したBさん、ホッとひと息ついたら、なんだか急に心配になってきた。最初はおっかなびっくりだったBさんも、「じゃあ、なるべく高そうなヤツ」と、三越や松坂屋の包装紙を選んで物色しだした。

Aさんはニヤリと笑って、「大丈夫、ダイジョープ。わかりゃしないよ、これだけあるんだから。それに毎週整理させられてこっちも大変なんだ」その後、秘書室を通じて院長じきじきのお達しが届いた。いわく、「業務のために必要な備品は院長室より放出します」。こうして院長室の中元泥棒、は、まったく気づかれることなく、公認の事実になったのであった。さすが気ばたらきの利く秘書Aさん、フォローも万全である、というわけだ。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

インフルエンザはなぜ毎年流行するのか?

ウイルスは、何故早いスピードで世界中を駆け巡る事が可能なのか。 なぜ次々と新型と呼ばれるインフルエンザウイルスが生まれてくるのでしょうか。それは、インフルエンザが強力なウイルスだからです。 インフル工 …

no image

虚偽性障害 ミュンヒハウゼン症候群とは?特徴や原因

虚偽性障害は、幻覚や抑うつのような心理的なものと身体的な症状がある。病気をでっちあげたりする虚偽性障害を、ミュンヒハウゼン症候群という。 幼い頃、風邪でもないのに熱っぽいと訴えたりした人もいるのではな …

no image

認定医制度への疑問-差し当たってメリットはないという意見も

認定医や専門医の資格は、いまや大学病院にいる医者の大きな目標になっている。医学博士論文をだいたい卒業後六年目で書き、医学博士となると、次なる目標が認定医や専門医ということになる。ここ十年以上くらいの間 …

no image

医学用語集-用語についてわかりやすく解説します

病院用語についてわかりやすく解説します。 ・一過性 一過性という語がついた病名や病状は、すぐに心配ない容体に戻るから、あまり心配はいりませんよ、という意味が何となく読み取れます。一時的にそのような状態 …

no image

太陽の紫外線は本当に体に悪いの?

真夏の太陽に当たると、それが基でシミや老化促進といった美容被害、健康被害をもたらします。 ひどい日焼けもするし、私たちの頭の上で、常に強烈な光と熱を発し続ける太陽。太陽を嫌う女性は多いと思います。 も …