雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ネットショップ

インターネットショップの開業による利点

投稿日:2015年4月20日 更新日:

ネットショップには、実際の店舗(実店舗)が必要なく、顧客もインターネット上のWebサイトから商品を購入していくため、顧客と顔を合わせることはありません。ネットショップは、インターネット上に仮想店舗を構え、商品やサービスを販売するお店のことをいいます。現在では、インターネット上に多くのネットショップが出店しており、さまざまな種類の商品を購入できるようになっています。

顧客はインターネット上の商品写真を見て、商品解説を読み、気に入れば購入していくことになるので、わざわざ店舗に足を運ばなくても、全国どこからでも(必要ならば海外からでも)商品を購入することができます。

代金の支払いや商品の配送など、ネットショップには特有の問題がありますが、それらを代行したり、簡素化したりするためのサービスもたくさん提供されていて、ショップ運営初心者でも簡単にお店を開業することができます。実際に店舗を構えて営業しているリアルが、ネットショップには、リアルショップショップと、実店舗のないネットショップにないメリットがあります。

顧客からの連絡を常に待つ必要はありません

・店員が1人(オーナー)だけでできる
・低予算で営業することが可能
・年中無休の営業が可能
・24時間営業することが可能
・いつでも買い物を楽しめる

商品の注文を受けたネットショップ側も24時間以内をメドにメールで代金の支払い方法や商品の送り先の確認を行えばいいので、顧客からの連絡を常に待つ必要はありません。ネットショップはお店を閉じることなく、夜中でも顧客は商品を購入することができます。

近所の人しか利用できないリアルショップと違って多くの人が商品を見てくれるので、ビジネスチャンスも豊富です。世界中の人が顧客インターネットを通して商品を販売しているネットショップでは、世界中の人が顧客になりうる可能性があります。運営費を抑えられる店員を常駐させる必要がないため、ショップオーナー1人で運営することも可能です。

ネットで稼ぎたいなら、ポイントサイトがおすすめです。私が一番稼げているのはポイントサイトは、げん玉(会員数500万人)というサイトで、ここなら毎月5万円は稼げます!

-ネットショップ

執筆者:

関連記事

no image

口コミは広告-確実に使いやすいページにしよう

徐々に作りこんでユーザーの反応を確認していけば、確実に使いやすいページができるはずだ。無理に全体を変更するよりは、いままでのよさはそのままに、細かいポイントでの気配りがあったほうが実際には婚しいもので …

no image

サイトの明確な目的(ゴール)を設定してそこに向かう

~サイトリニューアルの方向性を決めるまでの流れ~ ・ウェブサイトの最終的な目的(ゴール)を考える 何のためにサイトリニューアルを行うのかが明確にわからないままプロジェクトが進んでしまうケースを現場で多 …

no image

営業利益、純利益を計算する計算式とその意味

一般的なネットショップでの純利益を計算する式には、 売上総額-仕入総額-固定費=純利益 という式があります。 この式は本格的に商材仕入を行ってネットショップを運営する場合での計算式ですが、仕入総額の0 …

no image

SEOは良質なコンテンツの拡充から

・良質なコンテンツの拡充 良質なコンテンツがユーザーを通じて伝搬するように、ページ内にRSSのボタンやソーシャルブックマークのボタンを用意しておくことも重要です。良質なコンテンツを用意すれば、ユーザー …

no image

ドロップシッピングならリスクが少なく初心者にも始めやすい

たしかに、在庫を抱えて本格的にネットショップを経営するには、それなりの経営ノウハウやリスクが付き物です。しかし、投資する元手もいらずに、また在庫リスクを負わずにネットショップを運営できる方法があるので …