雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

引率者の責任-あなたの命令は絶対であることを子ども達に信じさせる

投稿日:

家ではどうであれ、アウトドアでは皆、役割を分担する。全員平等に扱われ、全員平等に仕事を受け持つ。引率者は召使いではない。バックカントリーでのお行儀を、何度説明してもなかなか把握しない子がいる。責任者はあなたであり、あなたの発言や命令は絶対であることを子ども達に信じさせる。でなければ、トリップは収拾がつかなくなる。子ども達が何をしているのか、注意を怠らないこと。

先行者が明らかにわざと拾わなかった場合は、次の子が拾って先行者の袋に入れる。汚水の処理や食器の後かたづけも、教えながら順番にやらせる。10代後半の子達には、あれやこれやと規則ずくめにする必要はないが、最低限のルールは厳守させる。10代の男の子達は、口を開けば下ネタで盛り上がる。経験どころか何のことかもわからないまま、冗談を言ったりするのだ。個人攻撃はたしなめるとしても、あまりカリカリせずに、言いたいように言わせておこう。

どういう行為をすれば家に送り返されるのか

オリエンテーションの集まりで、どういう行為をすれば家に送り返されるのか、大々的に宣伝しておこう。引率者はガイド兼保護者であって、作法教室の先生ではない。たとえば、酒、煙草、ドラッグ、ウォークマンやラジオの禁止。何度注意しても聞かない子に、我慢してつきあう必要はない。ある引率者の体験談をひとつ。異常な暑さのその日、翌日の日程をハイクしてこのキャンプにたどり着いたある男性は、カラカラの喉を潤そうと、泉に急いだ。

そこで見たのは、足を水に浸けてパシャパシャやっている少年数人。私達のグループが泊まっていたシェルターの横には、小さな湧き水があった。たまるのに時間がかかるうえ、飲料水をすくうのもそっとやらないと水が濁ってしまう。責任者は誰だ?どういう教育をしているんだ!彼の怒りもごもっとだ。こんなことのないように、水の扱いかたはちゃんと指導してあったのだから、私も呆れてものが言えなかった。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

秋の山は植物、モミジの赤色が美しい季節

秋、気持ちの良い季節だ。色づいた森を歩くのは快適この上ない。乾いた空気、足元の枯れ葉を踏みしめる音。静かである。その静けさは、やがて山に冬がやってくることを感じさせてくれる。 この時期、植物も動物も、 …

no image

トレイルでのルールをしっかりと子供に教えておこう

家族の能力をじっくり検討し、どんな山行形態ならお手頃で楽しく、しかも満足感があるか調べる。まずは手軽なハイキングで様子を見よう。先行が許されている子どもには、トレイルでのルールをしっかり教えておく。た …

no image

アウトドアを大好きになることが長続きする秘訣

アウトドアを長続きさせるには、あなた自身がアウトドアを大好きになることです。これは、非常に大事なことです。そして、気ばらず、気楽に、本当に楽に、あなた流にやればいい。ディスカウントストアでテントとツー …

no image

登山の基本技術は習得しておいたほうがいい

・基本技術を習得しておくべし ある人は、冬の赤石岳や聖幅を登りました。ネパールヒマラヤにも挑戦してみました。社会人山岳会である昭和山岳会に入会し、登山のイロハを学んだ。岩登りや雪山登山技術をマスターし …

no image

山登りは簡単で非常に幅広く楽しめるスポーツ

山登りは簡単で楽な山から困難でしんどい山まで非常に幅広く楽しめるスポーツです。持病があっても十分楽しめ、適度な運動として身体にもよい対象も多くあります。また持病を自覚している人は慎重に計画し行動するこ …