雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

院内感染-MRSAなどの耐性菌との果て無き戦い

投稿日:2014年11月18日 更新日:

抗生物質の投与に厳しい規制のある欧米では、日本のような院内感染の事故の例はないようです。MRSAなどの耐牲菌による院内感染は、日本だけに見られる特殊な病気なのです。院内感染というと、一般には耳にしたことがあっても、その実態をご存知の方は少ないのではないでしょうか。

二〇〇二年には東京都内の脳神経外科で、院内感染が原因と思われる入院患者七人の連続死亡事故が発生し、宮城県でも四国でも院内感染による被害が続出しました。厚生労働省は、院内感染防止の対策委員会院内感染防止マニュアルづくりを改めて通達しましたが、それ以降も院内感染は一向になくならないのです。

院内感染でよく問題になるのが、MRSAなどの耐性菌です。MRSAはメチシリン耐性黄色ブドウ球菌といって、ベニシリンやメチシワンなどの抗生物質がまったく効きません。けれども、MRSAはそれほど強力な菌ではないのです。

抗生物質の一種メチシリンに強いだけ

メチシリン耐性という名の通り、抗生物質の一種メチシリンに強いだけなのです。ところが、MRSAに感染すると、全身に毒素が回って多臓器不全になったり、生命に関わる事態になることが珍しくなくなっています。

院内感染とは病院内で細菌、ウィルスなどに感染することですが、ここには大問題が隠されているのです。なにしろ、病気を治しに入院した病院で、新たな感染症にかかってしまうのですから、本末転倒もいいところ。それが原因で死亡するケースさえでています。

抗生物質に耐える耐性菌が生まれ、それを新しい抗生物質で抑え込んでいるうちに、MRSAに変化したのです。このMRSAを殺せる抗生物質が、ようやく作られるようになっています。けれども、一方でMRSAを殺せる抗生物質が効かない、まったく別の細菌も現れています。

ここには、日本の病院が昔から抗生物質を大量に患者に投与する傾向があったという背景があります。大量投与された抗生物質に鍛えられて、モンスター化した耐性菌が急速に増えているのです。これは、ずっと昔、第二次世界大戦のころ、傷を化膜させる黄色ブドウ球菌を抗生物質をべニシリンで殺すことができるようになって以来、ずっとくりかえされてきたことです。

そのため、今度はその細菌を殺すことができる新しい抗生物質を作り出しているようです。まさに、抗生物質と耐性菌はいたちごっこの状態です。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

医科大学病院の手術が長い理由-安全性が高いわけではないらしい

患者の家族にとってはたまらない話かもしれないが、外科医を育てるためにはやむを得ないことであるようだ。 だから大学病院で手術を受けるのは、一般病院に比べて安全性が高いわけではないのだ。もちろん、単純な手 …

no image

病院の人件費を抑える方法-初任給を高くしてベッド数を増す

人件費を抑えるうまいやり方としては、初任給を高くして多く雇い、ベッド数を増やせば、患者も多くなる。そうすると、入院の保険点数が高くなる。また、それだけの数を雇っても、総体的に給与支出を抑えればやってい …

no image

インフルエンザワクチンの有効性の議論から一転

高病原性鳥インフルエンザウイルスH5N1が初めてヒトに感染したのが、1997年の香港ででした。致死的な感染症を起こし、驚きを与えました。 1967年から続いていた学童への集団接種が、日本に限っては接種 …

no image

風邪などに抗生物質の処方をするのは過剰な治療

初期の風邪やほんの軽症なものに対しては、抗生物質の投与は過剰な治療でしょう。しかしその風邪がこじれてきますと、ウイルス感染から細菌感染の合併を引き起こし、気管支炎や肺炎の危険性が高まってきます。細菌が …

no image

社会不安障害とは?症状や克服方法は?

社会不安障害という病気があるのをご存知だろうか?人は誰でも人前に立つと緊張するものだが、それが異常名状態になってくると、社会不安障害の疑いが出てくる。 社会的活動がままならなくなるのが社会不安障害だ。 …