雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

インナーはノースリーブがおすすめなワケは?

投稿日:

ディナーなどで、ちょっと肌を見せて華やかにしたいときに、ノースリーブは便利です。二枚で着たときに、腕の部分に変なもたつきを出さないためにも、インナーはノースリーブがおすすめ。ノースリーブですと、ジャケットのインナーとして着た場合も、もたつきがなくなります。

ひと昔前の、トラディショナルな香りがするツインニットと違い、いまのツインニットは、シャープにセクシーに着たいもの。そのためには、シルエットが細身であることは必須条件。ツインニットって、女性ならではの便利アイテム。ちゃんとした女性らしさを演出できて、こんなにいろいろと使えるアイテムはめったにないでしょう。幾通りもの着こなし方を考えてみてください。

セットで着用すると、きちんと感がありますが、インナーのノースリーブの上に、カーディガンを肩からかけて着くずすとラフな感じにもなる。私が持っているツインニットのほとんどは、シルクカシミアのもの。薄手で暖か、オールシーズン活用でき、毛玉ができにくい。そして何より、素材の持つやわらかな光沢感のおかげて、エレガントに着こなせるところが気に入ってます、という女性。

大人のおしやれに大切なのは、ラフに着でもだらしなく見えないこと。シルクカシミアのような素材なら、そんな心配は無用です。素材そのものにリッチ感があるので、気品や清潔感漂うクラス感のあるカジュアルスタイルになります。

エレガントに見えること

エレガントに見えること。これは、コーディネートを考えるときの大前提です。このエレガントな雰囲気をつくるときに、効力を発揮するのがパンツです。特に、黒いパンツはおすすめ。もちろん、ただ単に黒いパンツ、というのではなく、いくつかの条件が当ではまったパンツに限られるのですが。

そして、膝上で少し絞っていったん細くなり、足首に向かって適度にブーッカットになっているシルエットのものを選ぶと、足の形に自信がないという人の足も、見事にカバーされます。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

体にフィットした服を選ぼう-やはりオーダーのものは最高

洋服に使う生地で作ったチャイナ風ワンピース。まるで彼女のためにあつらえたようなワンピースて、背中からウエスト、ヒップ、ももへと、身体にびたりと沿ったシルエットに思わずため息がでそうに。サイズマニアの彼 …

no image

トレンドを追うこともトレンドになり得る

トレンドを追いかけることさえもトレンドになり得る。ミニスカート・マニア、アームバンズ・アー・オール・ザ・レイジ(アームバンド大流行)、ミリタリー・マッドネス(ミリタリー・ルックの熱狂的ブーム)、などな …

no image

ブレザーの着こなしテクニック

・ブレザーを着こなす ブレザーはある種の和製英語で、正しくはブレイザー(blazer)でしょう。またブレザーコートと呼ぶ必要もありません。ブレイザーという名前の上着なのですから。ブレザーの語源を知って …

no image

セックスアンドザシティの映画ほどトレンドのヒントとなった番組はない

テレビ史上、セックス・アンド・ザ・シティほど多くのトレンドのヒントとなった(そして、多くの記事が書かれた)番組はない。この番組の場合、いろいろな面で、ファッションが五番目の登場人物のような存在だ。この …

no image

ブラックスーツの着こなしを楽しむ

値段が高い、安い、で一喜一憂している状態ではけっして服は味方になってくれません。理想を言えば、値段に関係なく楽々と自分のものにしてしまう強引さがおしゃれには必要なのです。もし二十万円のスーツに袖を通さ …