雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

インナーはノースリーブがおすすめなワケは?

投稿日:

ディナーなどで、ちょっと肌を見せて華やかにしたいときに、ノースリーブは便利です。二枚で着たときに、腕の部分に変なもたつきを出さないためにも、インナーはノースリーブがおすすめ。ノースリーブですと、ジャケットのインナーとして着た場合も、もたつきがなくなります。

ひと昔前の、トラディショナルな香りがするツインニットと違い、いまのツインニットは、シャープにセクシーに着たいもの。そのためには、シルエットが細身であることは必須条件。ツインニットって、女性ならではの便利アイテム。ちゃんとした女性らしさを演出できて、こんなにいろいろと使えるアイテムはめったにないでしょう。幾通りもの着こなし方を考えてみてください。

セットで着用すると、きちんと感がありますが、インナーのノースリーブの上に、カーディガンを肩からかけて着くずすとラフな感じにもなる。私が持っているツインニットのほとんどは、シルクカシミアのもの。薄手で暖か、オールシーズン活用でき、毛玉ができにくい。そして何より、素材の持つやわらかな光沢感のおかげて、エレガントに着こなせるところが気に入ってます、という女性。

大人のおしやれに大切なのは、ラフに着でもだらしなく見えないこと。シルクカシミアのような素材なら、そんな心配は無用です。素材そのものにリッチ感があるので、気品や清潔感漂うクラス感のあるカジュアルスタイルになります。

エレガントに見えること

エレガントに見えること。これは、コーディネートを考えるときの大前提です。このエレガントな雰囲気をつくるときに、効力を発揮するのがパンツです。特に、黒いパンツはおすすめ。もちろん、ただ単に黒いパンツ、というのではなく、いくつかの条件が当ではまったパンツに限られるのですが。

そして、膝上で少し絞っていったん細くなり、足首に向かって適度にブーッカットになっているシルエットのものを選ぶと、足の形に自信がないという人の足も、見事にカバーされます。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

ゆったりしたパンツを履くと

イギリスでは、ロンドンデリーにあるアルトナゲルヴィン病院のウィリアム・ディッキーが「デザイナー消化不良」という言葉を編み出した。現代のようにきつく「押さえ付ける下着を好む風潮が引き起こす問題を指したも …

no image

値の張るラグジュアリー系ファッションには

シンシナティ大学でファッション・デザインのコーディネーターを務めるマージー・ヴォルカー=フェリアが言う。「大量にTシャツを作れば値段は安くなりますが、数百着しか作らない場合には、一着あたりの値段は跳ね …

no image

洋服のブランドにおいて旅は大切なコンセプトになっている

ゴージャスなアイテムが欠かせない方におすすめは、ショート丈のカシミヤコートや毛皮のブルゾン。あつかいが楽なうえ、パリやロンドンの寒気から守ってくれる。ショートコートはスポーツマックスあたりで見つかるし …

no image

雑誌の表紙でそのブランドを着ると言い張ることがある

親しいデザイナーのいるセレブの場合、雑誌の表紙でもそのブランドを着ると言い張ることがある。特定のデザイナーと付き合いの長いスターを使わなければならない時には、そのデザイナーの服を着たいと言われる公算が …

no image

スーツのパンツの丈直しは正しく行い着こなそう

・正しいパンツ丈でスーツを着こなす たいていの場合、私は自分で裾上げをします。たぶん買ったらすぐにはいてみたいからでしょう。ごくふつうには購入時、採寸をして店のほうで龍上げをしてくれます。ただし多少の …