雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

インクロムボランティアセンターでなら大阪の治験情報が見つかる

投稿日:2014年11月24日 更新日:

インクロムボランティアセンターは、大阪で行われている治験の案件を取り扱っているサービスです。大阪の治験限定ですので、関西圏にお住いの方のみの募集となっています。関西以外の方は参加できません。

インクロムボランティアセンターで募集がされている治験の内容は、

・健康成人の参加できる治験

・疾患がある方の治験

・女性が参加できる治験

などです。

健康成人の参加できる治験では、10泊の治験などもあります。10泊の治験だと、その謝礼はかなりのものとなります(20万円以上)。疾患がある方の治験では、高血圧症、糖尿病の方を対象にした治験などがあり、男性型脱毛症の方の治験などもあります。また、女性が参加できる治験の案件もあります。

もしも、高血圧や糖尿病の方は、治験に参加するといいかもしれません。疾患がある方が治験に参加される場合、定期的に通院をしながら治験参加ができます。病状の経過を知ることもでき、しかも謝礼がもらえるのでお得だと思います。

治験ではどんなことをするのか

治験は、新薬を試すための試験です。新薬を試すと聞くと、何か副作用が起こるのではないかと思われるかもしれませんが、事前に動物実験などで、副作用がないことを確認された新薬のみを服用しますので、治験に参加して副作用が起こることはまずありません。私自身、過去に2回治験に参加をしたことがありますが、新薬を飲んで副作用が起こったことはありませんでした。

治験では、健康診断を行い、異常がなければ、参加をすることができます。もしも事前の健康診断で異常が見つかった場合には、治験に参加することができませんが、交通費として、1万円程度の謝礼はもらえます。

健康診断にパスしますと、治験に参加しますが、治験では、最初に新薬を飲み、後は、採血をするだけです。一度新薬を飲んでしまえば、採血だけをするのみで、採血をするとき以外は、ベットで横になり、本を読んだり、パソコンを使ったりすることもできます。

治験をする病院に、たくさんの本が用意されていますので、漫画喫茶に行くような感覚で、日程を消化できます(シャワー、洗濯機など完備で食事3食つき)。こんなことで本当にお金をもらってもいいの?と思うくらい楽ですので、新薬に抵抗がない方は、参加してみるといいかもしれません。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

医者について-良心的な場合とそうでない場合の見極め方

薬を出す場合には、その薬の長所だけでなく、短所のことも説明すべきである。良い医者は、必ずそうしている。 悪い医者は、副作用については何も説明しない。もっと悪い医者になると、たんに薬を出しておきましょう …

no image

いい外科医を見つけるための具体的な方法

その他の科目の医者も生命を救済するという意味ではまったく同じなのですが、むずかしい手術を成功させた瞬間の外科医はまさにヒーロー・ヒロインのイメージにピッタリなのでしょう。医者の花形は、昔からなんといっ …

no image

医療機器購入-金を稼ぎ出す金の卵に見えるテクノロジー

中小の病院でも人間ドックを行っているところでは、最先端の医療機器があるのは当たり前になっている。そうでないと病院間の患者獲得競争に負けてしまうからで、セールスマンが出向かなくても毎月何台も売れるという …

no image

外来診療を手抜きする医者-五分診療という言葉

大病院で外来を担当する医者は、ほとんどが中堅どころで臨床経験が豊かである。医局でいえば助手や講師クラスである。五分診療という言葉があり、どうやら悪い意味で使われているらしいが、押し寄せる患者を診療時間 …

no image

医療学会の増えた最大の理由-まさに細胞分裂のように増えた

学会の会長となっている教授は大学を定年になっても、その学会の理事として留まり、権力を振るうことになる。まるで官僚が自分の関係外郭団体を作り、そこへ天下っていくようなものである。 学会の増えた最大の理由 …