雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

インドネシアの発展途上国の模範としての影響力

投稿日:

インドネシアが公言する目標は、経済を発展させるにあたり、外国からの響を授わけ西洋からの影響は排除して、自主的に行動することである。大衆に支持されたインドネシア共産党が、インドネシア国民に行動を促し、国民の統一を図り、それが成功すれば、インドネシアは発展途上国の模範として影響力をもち、共産主義に有利になるが、西洋の威信には傷がつく。国家情報評価は一九六五年九月にこう警告した。米国政府がブラジルで民主的な反乱のお膳立てをし、自分たちの手で事態を掌握するキューバの試みを制圧していた頃、古参政治家のエルズワース・バンカーがインドネシアに派遣され、現地で問題のある状況を調査していた。

一九五〇年代からは、中南米諸国の場合と同様、独立と過度の民主主義、貧しい民衆の党を国政選挙に参加させることに対する恐怖が原動力となり、米国政府は他国の政権の転覆を図り、暴力に頼るようになった。その脅威が数週間後に解消されたのは、インドネシアで大量虐殺が起こり、その後にスハルト独裁政権が誕生したためだった。

世界はもはや同じ姿ではなくなるだろう

アンゴラにおけるソ連の新植民地主義が成功すれば、世界はもはや同じ姿ではなくなるだろう。ダニエル・パトリック・モイニハン国連大使は威臓するように発言した。アフリカにまで勢力を広げ、世界制覇を狙うソ連の聖戦の手先を務めているからだ、と米国政府は公言していた。キューバによる違反行為は、一九七五年になると更に激しくなった。

南アフリカがアメリカの支援を受けて、独立したばかりのアンゴラに侵攻し、もう少しで征服しようという時、キューバがソ連にすらほとんど知らせずに軍隊を送り、侵略者を追い返した。国政府の怒りを招いたのは、キューバがまたも反抗に成功した。ヨーロッパの石油ルートはソ連の支配下に置かれ、戦略的に重要な南大西洋も同様の運命をたどり、クレムリンの次の標的はブラジルだろう。これまたお馴染みのテーマであり、ただ配役が異なっているだけである。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

南アフリカ軍が退却を強いられるのを見て

サハラ以南のブラック・アフリカは、アンゴラにおけるキューパの成功が播き立てた波に乗り、完全な解放の夢が実現する可能性に酔いしれているアンゴラの防衛は、アフリカの解放においてキューバが果たした最大級の貢 …

no image

産油地域の中心に軍事基地を有する権利の獲得が米国政府の目的

米国政府のイラクにおける目的の一つが、産油地域の中心に軍事基地を有する権利の獲得であるとは以前から予想されていたが、戦争終結後、まさにその通りの報告がなされた。米国企業は中央アジアの資源を支配するグレ …

no image

ホンジュラスの米軍基地から攻撃するテロリスト部隊に通信機器を支給

それは経済を崩壊させ、長期にわたる恐ろしい代理戦争を遂行し、犠牲者には破壊された橋と、疲弊した先住民が自ら望ましくない政府を打倒するまで続ける手段であり、我々が被る損害は最低限のものとし、閉鎖された発 …

no image

世界支配の基本的な使命は戦後まもない時期から変わっていない

国家の政策が目指すべきなのは、アメリカの市場進出と政治論文配に対しては開かれ、競合相手の出現や脅威は許さないシステムを世界に築くことであった。結果として、独自の発展に向けた動きは何でも警戒して阻止する …

no image

不適切な機関が国家支援の国際テロに絡む時消去されず賞賛される

不適切な機関が国家支援の国際テロに絡む時は、テロリストの残虐行為が完全に消去されずに、むしろ賞賛されることがある。それがよくわかる例は、エルサルヴァドルにかわって米軍事援助及び訓練の最大受入国になった …