ペット

生き物はみなひとつに結ばれている

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生き物はみなひとつに結ばれている。

ブラッドは、愛と思いやりと敬意をもって接すれば、どんな生物でも、その何倍ものポジテイブなエネルギーを返してくれるということをーそして生き物はみなひとつに結ばれているということを学んだ。

デーモンが見せる少年と一緒にいたいというあきらかな情熱は、ブラッドの精神的成長に大きな役割を果たした。一般には超然としていて自由気ままだとされている猫が、ほんとうに彼といたがったのだった。

のちの著書「ジ・アンノウン・リアリティ・ア・セス・ブック(知られざる現実ーセスの書)」のなかで、セスとして知られている多次元的実体は、現在わたしたちが知っている動物は人間より優れているわけでも劣っているわけでもない、と断言している。

一九七二年、形面上学と超常現象についての本の著者になっていたブラッドは、霊媒としての能力を発揮してセス、という霊との交流の記録を著わした若い女性の本の書評を依頼された。

セスによれば、北西部のアメリカインディアンが建てたトーテムポールは、動物と人間のあいだにいまよりずっと濃密な交流があった時代の遺物だという。じつのところ、人類は薬草に関する知識を動物から得たのだ。

動物は意識がとる多様な形態のひとつ

『ザ・ネイチャー・オブ・パーソナル・リアリティ(個人的現実の性質)』のなかで、セスは、猫がねずみを殺して食べるのは邪悪な行為ではないという例をあげて説明している。「生物学的なレベルでは、どちらの動物も理解しているのです。苦痛が迫っていることを生まれ持った知恵によってさとった風の意識は肉体を離れます。そして猫は、まだ温かい肉体を利用するのです。

動物は、意識がとる多様な形態のひとつで、人間もまたそのような形態のひとつに過ぎない。人間だけが、この地球上で特別な存在であるなどと勘違いをしてはいけない。人間は地球上の数ある動物の一種に過ぎない。

多くの繊細な人びとが一部の動物がほかの動物に示す残酷さに心を痛めているが、ジェーンは、チャネリングを通じてセスが述べた、動物の関連しあっているふたつの特徴について語っている。

その内容は、「もっとも深い細胞レベルで理解しあっている」正義感と生物学的な思いやりである。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加