雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

息苦しくなったらます吐くようにしましょう

投稿日:

・息苦しくなったら、ます吐くべし

奥多摩の人気コース高水三山では、最寄りの軍畑駅に登山者・ハイカーたちが降り立つと、準備体操もせずに山頂を目指して歩き始めます。鎖を外された猟犬みたいに、街のスピードでさっさと歩いていくのです。ゆっくり歩きが身に付いていないと、街歩きのスピードになってしまいます。特に元気いっぱいの歩き始めが、ですね。街歩きで考えれば、決して速くはないのですが、登りあり下りあり、しかも凸凹の山道を歩くには、速過ぎるのです。

コースは山道になり、左に曲がって尾根上に向かいます。かなりの急登と、ガイドブックの地図に書き込みがある場所です。アスファルト舗装された普通の道ですから、街のスピードでもどうってことありません。しかし、高源寺を過ぎると舗装路は少し急になるので、街のスピードでは息が切れてきます。息を吐けば、自然に吸うことができます。息を吸おうにも、肺に空気がっまっていると吸えません。呼吸で大切なのは、まず吐くことです。

昔、二呼二吸とか一呼一吸という呼吸法を教わりました。一呼二吸というのは、ハー・ハーと2回息を吐いて、イチ・ニと2歩前進、スー・スーと2回息を吸って、サン・シと2歩前進する、呼吸と歩調を合わせる山の登り方です。調子がいいと歩きが速くなるので、ペースダウンするには一呼一吸がいい。

息を吐いて吸うを何回か繰り返す

多くの登山者はペースを落としますが、なかには体力はないのにペースを落とせない人がいて、息を切らせながら遮二無二登り続けます。挙げ句の果てに息が続かなくなって立ち止まり、息を吸おうとして、苦しそうにパクパクするのです。息を吐いて吸う、を何回か繰り返せば、呼吸は楽になります。小休止して、呼吸を整え太ももの筋肉を休ませたら、歩幅を小さく、ゆっくりを胆に銘じて、山登りを
再開しましよう。

ハーッと吐いて1歩、スーッと吸って1歩と登っていきます。一呼一吸でゆっくり登っていけば、息を切らすことはありませんが、一呼一吸を意識し続けるのも疲れます。息苦しくならないよう、ゆっくり歩きを心掛けておけばいいと思います。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

キャンプでのロープワーク

キャンプでは、ロープを強く張ってターザン遊び、木と木の間に、人がぶらさがっても、たるんだりゆるんだりしないロープの張り方を覚えよう。これは、いざというときの脱出用ロープとして使える。ビルとビルの間、ま …

no image

山で病気に子供がかかってしまわないために

子どもの小さな体は脱水症状に陥りやすく、理性で水分補給をしないぶん、赤病なんかにやられると非常に危険だ。ある人の7歳の娘がウイルス性の病気になった。気分が悪いと言うやいなや、父親が眼鏡を取り出す間もな …

no image

信夫山の登山-日帰りで楽しめるスポット

福島市のほぼ真ん中にポッカリと信夫山が鎮座している。信夫山は富士山のような独立峰だから、山頂からは福島の市街地や吾妻・安達太良連峰の眺望がきく。ここは山頂近くまで道路が整備されているため、車でも上に行 …

no image

地図閲覧サービスウォッちずは便利

登山道の状態や施設の状況などは、大きく変動することがあるので注意すべきだ。大雨や大雪、雪崩などの影響によるものだ。山小屋は火災などの事故で廃業している場合もあり得る。したがって、詳しい書き込みがある地 …

no image

登山は無理をして必死になって登るものではない

本来、登山というものは必死になって登るものではない。登ることも大事だが、それよりもその山自体のこと、山を支えている山麓部分のことを知ると、その山の魅力はいっそう引き立ってくるのだ。富士山でいうならば、 …