雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

健康

いい人は運を遠ざける理由

投稿日:

人として大切なのは、努力して「いい人」になることではありません。自分を幸福にすることが大事です。それは同時に、あなたを運のいい人にします。運というのは、自分と人、あるいは自分と環境(=出来事)との関係性のことです。いい人は運を遠ざける場合があります。

また、やせたいのであれば、ドーシャを改善していけば、無理なく効果的にやせることができます。若いうちに性的エネルギーを使いすぎて神経系が発達しないと、五感に影響が出ることが多くあります。五感が十分に発達できず、視力が悪い、耳がよく間こえないなど、機能が落ちてしまうのです。くれぐれも気をつけましょう。

運のいい人は、欲しいと思ったものがすぐ手に入ったり、思わぬ助けがもたらされたりします。「語学をいかせる仕事に転職しようと決めたとたんに、知人から好条件で外資系企業への入社をすすめられた」。

「雅楽を聴いてみたいと思っていたら、そのことを知るはずもない友だちが偶然コンサートに誘ってくれた」「スイーツの専門学校にいきたいけれどお金がなくて困っていたら、思わぬ臨時収入が入って学費が用意できた」などなどです。

こころが緊張していると

こころが緊張していたり、無理をしていたり、オージャスが少なくて弱っている人は、環境からはなかなか手助けしてもらえません。いい人になろうと一生懸命になると緊張が増し、自分にストレスをかけ、苦しみを生みます。その状態が、運のよさをドンドン遠ざけてしまうのです。

「いい人」になろうと努力すると、そのストレスでこころが緊張し、幸運を遠のかせてしまいます。目指すべきは「自分を満たし、幸せにすること」。リラックスして幸せでいるあり方
が、あなたの運を高めます。

自分と環境との関係性(=運)は、「自分の手ではどうにもできないもの」ではありません。幸運は、自分で引き寄せることができます。運がいいか悪いかには、明らかに「自分の状態」が関係しています。自分がおだやかでリラックスして安心して幸福でいると、環境との関係性がよくなります。

-健康

執筆者:

関連記事

no image

生きることとは息をすること

ある先生は、脳、筋肉、臓器などを構成する六〇兆個の細胞群は、酸素の力で蘇ることを強調し、「生きる」こととは「息をする」こと、生きとし生けるものはみな「息」、大きく深呼吸し、体内にいっばい酸素を取り入れ …

no image

ねばねばはメタボをまねくカパ食品

納豆、山革、オクラ、モロヘイヤ、里子などのネバネバ系。新米、おもちなどのモッチリ系。トロ、ウニ、脂ののった魚、電想降り肉をはじめとするネットリ系。どれも人気の食材です。とくに日本人は、こういった食感そ …

no image

首から耳の不可解な痛みや熱などを回復させたエキネシア

ある女性は、首と耳の不可解な痛みが始まり熱が治まらなかった。医者に行っても回復しなかった。この女性の回復までの話を見ていこう。 ハーブの本を買ってエキネシアのことを調べました。そして、エキネシアを買っ …

no image

ヨーグルトは消化に悪い?リウマチになることも

・ヨーグルトでリウマチになることも 最近では食事を通じて健康になろうという意識をもつ方が多く、さまざまな食事健康法に注目が集まっていますが、健康によいとされるポピュラーな食材に、ヨーグルトがあります。 …

no image

瞑想と睡眠の大きな違いとは?

睡眠中は機械的に選別して片づけているわけですから、持ち越し案件などは片づきません。また、机の上が片づいて、机の上の汚れが現れても、睡眠中はその汚れを取ることができません。片づけられずに残ったメモ用紙が …