雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

イギリスは侵略的な意図はなく他国を犠牲にして自らを利する欲望はない

投稿日:

高い評価を得ている歴史家で政治解説者のロバート・ケーガンは、異なった説明をする。ヨーロッパは被害妄想で陰謀好きな反米主義の虜になっており、それが熱狂的なことが問題だ。ヨーロッパはしばしば貧欲さに突き動かされ、人の誠意を信じないヨーロッパ人には、アメリカの外交政策を支配する理想主義の重圧が理解できないからなのだ。ヨーロッパ人はなぜか、アメリカの指導者たちの独特な理想主義を理解し損ねてきた。一体なぜそうなのか。これはまさしく自明の理なのに?

イギリスは中国に力ずくで市場開放を迫っただけでなく、その巨大な麻薬密売事業を通じて、帝国の制度をより広範に維持するためにもアへンの生産を必要としていたのであり、そうした全てはイギリスでは当時よく知られていたことだった。

イギリスはこの崇高な使命を完遂しなければいけない。それによって、ヨーロッパ大陸で誰誘の的にされても構わない、とミルは書いた。ミルはイギリスが一大事業に積極的に取り組むことを、とりわけインドを更に征服することを強く勧告していた。

イギリスは他に類を見ないだけでなくほぼ完全無欠

ミルの見解では、イギリスは他に類を見ないだけでなくほぼ完全無欠であり、侵略的な意図はなく、他国を犠牲にして自らを利する欲望などもたない。この国の政策は非の打ちどころのない賞賛すべきものであり、一九世紀における非人道的行為を終わらせようと決意した理想的な新世界だったのだ。

イギリスが真の意味で世界における斬新な存在であり、他国のためだけに行動する稀有な国であることを、彼らが理解できなかった。その問題は排誘される原因になりうるはずがなかった。むしろ、大陸のヨーロッパ人は我々に対する反感を播き立てているのだと、ミルは書いた。

イギリスは平和のために尽し、野蛮人が侵略してきて、余儀なく勝ち戦という結果になったとしても、イギリスは活淡として犠牲を払う。そして、その戦果は全ての人類と平等に分かちあい、その中にはイギリスが征服し壊滅させた野蛮人も含まれるが、それは彼らのためでもあるのだ。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

ジハードをアフガニスタンはどう考えているのか?

アメリカが敵と見なす人々に対して行うこのジハードと、イスラム・グループが敵と見なす人々に対して行うジハードとの間に、道徳的、政治的、法的な違いを私は見出せないアフガニスタン人はどう考えているのだろうか …

no image

武力行使容認決議-パウエルの状況説明

アメリカの当局者は、パウエルの状況説明が、武力行使を認める決議に支持を集めるための長期的な努力の一環だと見られまいとしていたと、国際報道機関は報じた。国連は会合を開いて討議することはできるが、我々には …

no image

マルコスがもはや政権を維持できなくなるまで支持していた

お気に入りのよい共産主義者が抹殺されるとすぐ、米国政府は恐ろしい重荷がルーマニアから取り除かれたと宣言し、同時にサダム・フセインに対する融資の禁止を解除した。それはアメリカの輸出を増やす目的を達成し、 …

no image

ソ連が東ドイツの共産主義政権を援助するために

直接戦争を避け、核兵器の使用を避け、軍備と核兵器管理の議論を積み重ねるというもの。1980年代の冷戦は、1950年代のそれとは異なっていたのである。冷戦はいつ終結したのか?冷戦の起源は米ソによるヨーロ …

no image

ニカラグアはアメリカの近くにある国でテロを拡大させる危険な存在だった

ニカラグアはアメリカのすぐ近くにある国なので、テロを拡大させる媒介としては並み外れて危険な存在だった。ニカラグアに対する攻撃は、一九八一年にレーガン政権が発足した時、主に国家支援のテロリズムを標的とし …