雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

医学用語集-用語についてわかりやすく解説します

投稿日:2014年11月14日 更新日:

病院用語についてわかりやすく解説します。

・一過性

一過性という語がついた病名や病状は、すぐに心配ない容体に戻るから、あまり心配はいりませんよ、という意味が何となく読み取れます。一時的にそのような状態になるが、その後は再び元の状態に戻るときに使う語です。医学用語としてよく使われます。

・医局

たいてい研究補助員とか、医局秘書と呼ばれる女性がいて、会計や書類の整理などの雑事はしてくれます。医局という言葉には二つの意味があります。一つは部屋を示します。研究室と医師控え室側を兼ねた場所です。医局に戻ってますといえば、部屋のことを指しています。もう一つはたとえば、整形外科の医局にいます、といえば、形外科に所属しているということです。所属部署を表します。

お昼に出前のカツ丼を食べたり、夜はビールを飲みながら人事異動の噂について話したり、ときにはくつろぎスペースにもなります。ただし、教授が医局に現れると空気がどことなく緊張してくつろぎ感が薄れます。検査技師栄養士、薬剤師、医療秘書などが登加場して、組み合わせはいろいろあります。

ネズミを使っての動物実験などは、別の研究だけの部屋で行うこともありますが、医局では実験データをまとめたり、書類を書いたりします。

アルコール中毒

毎晩欠かさず、仕事帰りについ一杯、単なるお酒好きだけではアルコール中毒とは呼びません。
節酒を心がけてください。このタイプの人は、お酒を飲んでも顔が赤くなる傾向があります。
飲まずにいられない、飲まないと手の震えや幻覚など、体や精神の症状が出現するほどの病的な状態があればアルコール中毒を疑います。

・アルコール綿

飲むお酒はエチルアルコールですから、種類が違います。飲むアルコールは、消毒液には使いません。肝臓をアルコール消毒するゾなんて、不可能です。採血や注射のときに最もよく使われる消毒の方法でこれで拭くとスッと冷たい感触があります。
同じアルコールでも、こちらはメチルアルコールです。

でも、消毒のアルコール綿で採血のあとを押さえていると、その場所だけ皮膚がの健康診断のときにでも、周囲の人たちを比べて見るとおもしろいです。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

大学病院教授は給料が安いからアルバイトで稼ぎまくるらしい

助手になったところで月給は四十〜五十万円、助手になれなければ何年いても研修医並みの十四〜十五万円程度しかもらえないし、ボーナスもない。これでは研究が続けられなくなるし、開業して少しは生活をラクにしても …

no image

癌になったら医者にせいにしたがる患者

大学の教授が、国立がんセンターに入り手術を受けた。ガンじゃないが、友人がいるから手術を受けたと、彼はいったが、まわりはそんな話を信用するほど素人ではない。皆、教授がガンだと悟ったのである。 自分がガン …

no image

研修医が疲れでウトウトした時に行われるある方法

一人前の医者になるには鈎(こう)引き3年かかるといわれている。研修医も1年、2年生あたりはすべてにおいて半人前扱いである。つねに寝不足で、おなかもペコペコ、おまけに風邪気味で、体のどこかに青アザかコブ …

no image

粘膜表面に分泌されたIgA抗体の交叉防御能

粘膜上につくられるIgA抗体には、感染時に働く点、変異株に対しても有効である交叉防御能をもつ点という、防御上有利な点があります。 粘膜表面に分泌されたIgA抗体は、感染自体を阻止することができます。病 …

no image

女医の当直室での過ごし方

当直の勤務は本当に大変です。緊張感を保つということは、本当に大変なことのようです。リラックスはできない。急に具合の悪くなった患者さんは、診察しなければなりません。原則として病院からは外出してはいけませ …