雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

医学部へ入学するのに理想的なの人は人生経験をある程度積んだ人

投稿日:2014年11月20日 更新日:

人生経験をある程度積んだ人間が、医学部へ進むのが理想である。現在では、医者になってからさまざまな人生経験を積むことになる。これではあまりにも遅いといわざるを得ない。その間の患者は犠牲となってしまう。

医者というものが、常に外からの批判を受け入れ、修正できなければ、どんなに優秀な医者であっても、自分の医療が見えなくなってしまう。医学部は基本的には研究至上主義であるために、研究者は研究だけを続ければいいという姿勢が、医者を歪めていってしまう。閉鎖された医者の世界だけで、医者の理想なり患者優先の医療を唱えたところで、非現実的なものにすぎない。それを変えるには、医者になる若者が多様性のある価値観を持たねばならないということだろう。

理想的な医者を大学病院に求めたところで、医学部のシステムを変えない限り、いつまで経っても無駄であろう。六年間のカリキュラムの変更という小手先の変革では何も起きない。つまり内部改革だけではどうにもならない状況であり、教授たちが自覚を持たない限り、何も変わらないということだ。

病気をした人が医者になる

病気をした人が医者になる、これがたぶん理想的な医者だろう。しかし、そうであっても、たぶんその人は医者になったと同時に変わっていってしまうのが、いまの医学教育システムの大きな欠陥であるようだ。純粋な医者理想論を説くだけでは、医者になってからの落胆が大きくなるばかりである。それでは患者の望む医者はできない。

純粋な医者への憧れを持った若者が、その理想を実現できる医学部と大学病院に恵まれないかぎり、患者の望む医者にはならない。それを指導するはずの教授たちも同じ狭い世界観しか持たず、教授の持った独自の価値観以外は除排され、少しでもそれからずれる人間は排除されてしまう。医学生は、あまりに世間を知らずに医者になってしまう。そしてそのまま閉鎖社会へ入るから、ますますその価値観は狭いものになる。

アメリカの医学部のように、他の学部を卒業し医学部をめざすというのも一つの方法だろうし、さらに成績重視の医学部入学を根本的に見直す必要があるだろう。有能な研究者と患者が求める臨床医が一致することは例外的な出来事のようだ。優秀な研究者は極端な言い方をすれば、人間性はなくてもいいと思われているらしい。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

人獣共通感染症インフルエンザの脅威

インフルエンザウイルスがヒトに感染するとき、感染はヘマグルチニン(HA)が宿主の細胞表面にあるシアル酸に結合することから始まります。 ヒトに感染するとき、インフルエンザウイルスが私たちの体の細胞と最初 …

no image

インフルウイルスワクチンと流行予測

ワクチンはウイルスを元にして作られます。ワクチンのつくり方としては、病原体そのものを増やして、その成分を用いるのが一般的です。 ウイルスがつくり出す毒素の力を弱めたものがワクチンです。インフルエンザウ …

no image

ここで決まり!皮膚科医師が求人検索に役立てるサービス

皮膚科の医師の求人はそれほど多くはありません。皮膚科の求人では、美容系の美容外科、美容形成、美容皮膚と、一般皮膚科の求人があります。 求人はそれほど多くはないものの、総合病院や一般病院からのニーズはあ …

no image

臓器移植の問題点-チンパンジーの脳に換える

心療内科では、交流分析、自律訓練法、行動療法の三本柱に加え、一般心理療法、カウンセリング、催眠療法を行っています。ここで注意をしていただきたいことは、患者さんの方から私は自律訓練法がやりたい、や私を催 …

no image

学会で二番煎じ三番煎じの発表が堂々と行なわれてしまう理由

学会では二番煎じ三番煎じの発表が堂々と行なわれてしまう。これは学会の数が多すぎ、無理に参加しなければならないことが、研究者に無駄をさせているのだ。さらに、その間に病院を休むので、臨床がおろそかになって …