雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

医学部面接試験の真実-我が校にとって都合のいい医者

投稿日:2014年11月20日 更新日:

一昔前に比べれば、面接のやり方が変わり、一見、改善されたように見えるが、実際には大きな変革にはなっていない。東大医学部に至っては、ようやく近年、面接を取り入れたそれを大きな改革だと思っているところが時代錯誤であるとも言われている。我が校にふさわしいという選択は、我が校にとって都合のいい医者ということであり、医学に貢献する医者という意味は含まれていない。

面接をしているのが、医学部にいる助教授以上というメンバーでは、どうやっても偏った人選しかできないという意見もある。そうやって、入試の時点から、医者の組織に従順な人間を選んでいく仕組みが出来上がっているようだ。

建前は人間的に優れた人材といいながらも、最後はテストの点数で決定されてしまう。協調性があり、医者の世界でいかに従順な人間でいられるかという点で選ばれているのが現状らしい。個性ある人間は望まれていない。面接で目立つような学生は、医者の集団でうまくやっていけないと判断されるのだ。

患者が望む将来誠意のある医者、心豊かな医者になりそうな学生を選び出すには、現在の面接方法では限界があるようだ。現在の医学部入試では、多くの大学が、二次試験を行っている。しかし、面接だけで、本当の意味で医者に向いている人材を見い出すことは不可能である。

医療への思いを語らせたところで

面接試験で口先だけの医者の理想なり、医療への思いを語らせたところで、それでその人間の本質を見抜くことはできない。医学部の学生指導では、人間性だの誠実さなどを説くようだが、入試の時点ではそれを評価する方法がとられていない。結局、医学部は普通の人間を要求しているために、入試の面接が、大きな意味を持つまでになっていないという。

できる学生が医学部へ行く。それだけが医学部入試の原則であることは、何ら変化はない。その先には医学部の研究至上主義があり、学究的医者が大学病院に残っていくことになる。患者側が望む医者像とはますますかけ離れてしまうのだ。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

抗インフルエンザ薬、ザナミビル、オセルタミビルなど

抗インフルエンザ薬で有名なのは、タミフルやリレンザです。タミフルやリレンザは、ともに発熱後、48時間以内に投与しなくては効果が期待できません。インフルエンザは、早期発見、早期治療が望ましいです。 ウイ …

no image

冷えや低体温が招きやすい病気や症状の予防

日本では、病気にならないための手段があまり知られていません。病気になったら医者に診てもらうのが当たり前だからです。 自分で守り変えていく意識を、持ってください。自分の体を他人任せにするのではなく、自分 …

no image

小児科のドクターが転職したいと思ったら知っておくべきサイト

小児科学会に登録しているドクターの数は20000人ほどだそうですが、その20000人のうち、女医さんの割合がかなり多く、全体の35パーセントから40パーセントもいるそうです。女医さんの人数を考えると、 …

no image

主任教授とは-問題になることでも起こさない限りクビにならない

一度主任教授になれば、増収賄とか、民事で問題になるような女性問題でも起こさない限り、辞職はまずあり得ない。つまり、まったく仕事をしなくても辞職に追い込まれることはけっしてないらしい。何もしないことがあ …

no image

教授回診は権力の象徴で患者さんにとってのメリットはない!?

ドラマの世界では、教授回診は権力の象徴であり、患者さんにとってのメリットは示されていません。ところが、実際はちょっと違うようです。入院した経験のある方に聞くと、あの教授(回診っていうのは、イヤだったな …