雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

医学部の講義では治療の話はあっても実際使用の薬の話は聞けない

投稿日:2014年11月20日 更新日:

大学病院の医療が外来に依存しているわりには、外来診療をきちんと教育していない。あくまでも自分で経験して、覚えていくしかない。例えば、高血圧症は内科の外来で最も多いものだが、医学部の講義では原則的な治療の話はあっても、実際に外来で使用している薬の話を講義で聴くことはない。

医学教育のなかで病棟実習は一年間かけて行なわれるが、その間、外来を診るチャンスは信じられないくらい少ないという。本来、外来は病気を診断していく上で最も重要なところである。内科医は、たぶん最も処方するであろう高血圧の臨床的な薬の使い方は、見よう見まねでやっていくしかない。患者の面接の方法、診断の手順、処方、治療といった外来の全体の流れを知らぬまま卒業していくのが、いまの医学教育であるようだ。

ほとんど体験というレベルでの教育でしかない

例外こそ臨床であるという医学教育までは、とてもたどり着ける状況ではない。外来の臨床実習は、ほとんど体験というレベルでの教育でしかない。数分間しか診療時間のない大学病院では、診断学のテクニックまで学ぶ余裕はない。どんな患者が飛び込んでくるかわからないのが外来である。医学の教科書には載っていない、例外の患者、しかしその例外の患者が臨床では普通のことである。決められた患者しか診るチャンスのない医学実習では、教科書が正しく、目の前の患者の症状は、教科書と違うではないかという奇妙な反応を示すことになる。

医者になっても、研修医時代に外来患者を診ることができるのは、アルバイトの夜間当直のときがほとんどだ。本格的に大学病院の外来ができるようになるのは、助手という、卒業六、七年たってようやく大学の職員になってからだ。それ以前には、卒業後四、五年目くらいに外の病院へ長期出張させられたとき、外来を体験することが多い。
ここで、初めて外来で使う薬の名前を覚えることになる。だから、実践レベルの医者に成長できるようになるには、多くの年数を必要としてしまうのが現状のようだ。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

開業医師は流れ作業に追われる毎日

一般の人たちからすると、開業医というのは、何かあった時にすぐに行ける身近な医療機関としてなくてはならないものだろう。昔の医者には、大学に残って医学の研究を志すよりも、民間医療に貢献することが医者として …

no image

リクルートメディカルキャリアの口コミ

リクルートメディカルキャリアは、大手企業のリクルートが運営している、医師転職支援サービスです。古くから運営されている会社で、利用者の満足度が高いようです。 リクルートメディカルキャリアの口コミを集めて …

no image

放射線治療と放射線障害の不安や恐怖

たった一例の障害例でもインパクトは強いが、医者は低い確率で生じるかも知れない放射線障害を恐れて治療を中止してはならないだろう。 手術は切除する治療なので、術後の状態はそれなりの覚悟はできる。外科治療で …

no image

美容整形は医療ではない!?大学病院には存在しない

美容整形外科は形成外科の一分野であるが、医療ではない。根本的に違うのである。手術の技術が高くなったので、外から見ただけでは手術したかどうかはわかりまんなどというが、実際にはわかってしまう。 美容整形な …

no image

医者の世界で不人気のものを選んだほうが高収入を得やすいかもしれない

これから人口も減り、医療が高度集中化すると、腕のいい一流の医者にはやりがいが出てくるだろうが、一方では、海汰の可能性ははるかに高くなる。そうでなくても、医学部の定員を増やし、医者はどんどん増えていく。 …