雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

医学部の解剖実習出会いと相性とないものねだり

投稿日:2015年4月26日 更新日:

G君たちの班の解剖体は、脳溢血で亡くなった42歳の男性のものだ。解剖実習に使用される解剖体は、班ごとに一体ずつ割りあてられる。生前はよく身体を鍛えていたのだろう、色浅黒く、筋骨たくましい。彼らの班が脳の勉強をするときは、隣の班の実習を見学する。というのも、G君たちのスポーツマンの脳内はすでに死亡時解剖済みで、空っぽだったからだ。

G君は、スポーツマンで健康体そのものに見える彼の早すぎた死のいきさつを、ときどき想像してみたりする。隣の班の解剖体は65歳の男性。死因は肺ガンだそうだ。それが循環器の講義になって、なかなか解剖が進まないのだ。G君たちはばかに遅れを取ってしまった。くだんのスポーツマン氏、筋肉隆々、とにかく解剖に苦労している。そこ!なにもたついているッと、容赦なく講師の罵声が飛ぶ。

へナチョコ医大生にはまるでハが立たない

ろくな栄養もとっていないへナチョコ医大生にはまるでハが立たない。ちなみに別の班は38歳で心不全で亡くなった女性である。彼女はかなり太めである。メスを入れるとプリプリと黄色い脂肪が後から出てくるそうだ。実習を始めてから、その判の全員が、いぶり卵を食べられなくなったという。G君たちの奮闘ぶりを見学していた隣の班の学生がのんきにつぶやいた。ウチの班なら楽勝なのにねえ。あっちの班はかわいそうになあ。そういえば、隣の肺ガン氏、やせて骨と皮だけだ。ただ、扱いやすいが肝心の肺がない。

うまくいかないもんだなあ、とG君、凝った右肩をもみながら思った。貴重な一体とのおつき合いは、実習の期間中ずっと続く。医学の向上のため、献体していただいた遺体は一講座ごとに少しずつ解剖しながら、学習していく。長い長いおつき合いである。彼らはこうしていろんなヒトに教えられて、医者になっていくわけだ。彼らの医師としての力は、こういった解剖実習などによってつけられていくのである。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

日本の医学部は偏差値が高すぎると批判されるが

日本の医学部は偏差値が高すぎると批判されるが、外国と比べて医学の世界に優秀な人材が集まっているから、国や企業の体制がしっかりすれば外国より有利になる。「臨床はリッチだが、基礎は貧乏」という図式も崩れ始 …

no image

医師の就職先が見つからなくなる次代が来るかもしれないという予測

医者が過剰になった場合、医学部希望者の減少がはっきり出てくるだろう。大学病院に残って医療を続けている理由の一つに、時間が自由になるということがある。研究が好きで残るというより、医療をやりながらも、経営 …

no image

臨床研修制度は研修医の劣悪な労働環境を変えていこうという目的もあった

医療行為についての保険の点数もまったく同じだし、開業する気になれば、卒業してすぐに開業できた。医者と見なされていたので、病院でも一人前の扱いでアルバイトもできた。学生時代から添乗員のアルバイトをしてい …

no image

実際には医師と看護師の恋愛というのはあまりないらしい

病院もののドラマって多いですよね。必ず登場するのが医者とナースの恋愛。ドラマでは、実際の病院よりも、ドクターとナースははるかに少ない人数しか登場しません。そのなかでカップルができてしまい、ハッピーエン …

no image

ナースは注射を打つとき血管が細いと緊張するらしい

血管の直径なんて日常生活上ではどうでもよいことですが、病院での掘血や静脈注射の際には大いに関係があります。中年になると腕も太くなるのが、女性の悩みです。ところが、腕の太さにつられて血管は太くなるかとい …