雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

医学部の学生や世間が持つ医者が特権階級だという誤解

投稿日:2014年11月20日 更新日:

結局ほとんどの学生は何も知らないまま、医学部に入っていくのだ。入学と同時に医者は特権階級だと信じ、周囲の医学部信仰も衰えることはない。学生の能力を伸ばせる指導ができる教諭の少ないことが、結果、他の分野で活躍すべき学生まで、医学部へ入学させてしまうことになる。いまだに受験戦争での勝利者は医学部へ入った者と思われている。

医者の数がピークを迎えるとき、医者失業時代が来ると予想されている。医学部を卒業しても、勤務する病院も開業する資金もないという状況が訪れようとしているのだ。いまから医学部へ行くというのは、そんな医療の戦国時代へ向かうようなものだ。

有料の会員制のお見合いでも、医者・歯科医とのお見合いに女性の希望者は殺到する。世間ではまだまだ医者を特別視する風潮が、生き残っている。しかし、実際には医者が高級取りであるという幻想は崩壊しつつある。予備校の売り文句にも、どこそこの国立大学医学部に何人合格したかが大書される。日本では、できのいい学生は医学部へ行くという風潮ができてしまった。そこには、医者は社会的にも経済的にも優遇されているという幻想が存在するからだろう。

開業医への道

開業医への道も、資金不足と立地条件の悪さから、新規事業が不可能になっている。医学部へ行き医者になるには、患者さんを救うというきちんとした志を持たねばならないわけではない。高校の進学指導の教諭から、君はできがいいら医学部を狙えると言われ、医学部を受験しているケースが相当ある。

むろん志大きく日本の医療を変える、あるいは世界の医療の現場で活躍したいと思うならけっこうだが、ただ収入が安定するから、社会的地位が高いからという幻想だけを求めているなら、それは大きな誤解である。しかし現実には、医学部受験生の偏差値は高く、医学部崇拝は続いている。それはやはり情報不足からくるものなのだろう。医療の現場にいる医者でさえ、それに気がつかないのだ。

医学部は勉強ができるから行く、そんな固定観念に近いものがいまだ健在である。そこには医者がどういう仕事であるか、医者の持つ社会的な意義など考える余地はない。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

診療放射線技師の仕事

診療放射線技師という職種のは、医者の指示でX線を使って人体各部の写真を撮影するの仕事をする人である。 診断医はx線写真やCT(コンピュータ)断層撮影などの各種の画像を読影して診断し、各科の医者に報告書 …

no image

医者が患者などとのコミュニケーションがうまくいかない問題

「医学部に入ってから、他学部の人とのつきあいがない」「医者になってから医者以外の友達がほとんどいない」などという人も少なくない。これが、日本の医者が患者さんなどとのコミュニケーションがうまくいかなかっ …

no image

大学病院の売店や食堂があまりよくないといわれる理由

入院患者にしてみれば、売店というのは、ある種の楽しみの場所である。アメニティーという発想のないといわれる大学病院では、売店での買い物が患者の数少ない楽しみになっている。それなのに、店の状況はあまりにひ …

no image

大人になんかなりたくないと思うひきこもり

大人の人の中には、すでに社会人になっていても、まだ子供のままがいいという思いを抱き続けている人もいるかもしれない。 10代の頃、大人になんかなりたくないと思っていた人もいるだろう。たしかに大人になると …

no image

薬の投与方法のミスの問題とポイント

薬の投与方法のミスの問題とポイントについて、ある専門家は語っている。過去に薬害エイズ事件が問題になったことがある。血液は「汚い」ものとされて、素手で触るようなことは絶対にしなかった、とある医師は語って …