雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

医学部大学の学生は医者になる過程で二度の強烈なショックを受ける

投稿日:2014年11月20日 更新日:

医学部の学生は、医者になる過程で、二度の強烈なショックを受ける。医学部に入ったときと、医者になり入局したときである。その二度のショックによって、ほとんどの医者は、自分が持っていた幻想の医者の世界がうち砕かれるからだ。患者が大学病院に望むのは、誠実で熱心で、最先端の医療を施してくれる医者だ。しかし、一部の病院を除いて、どこにもいないという。

まずほとんどの医学生は、医者への遠い道のりを感じることになる。医者にとって最も重要な、誠実で、患者を敬うなどという教育はなされない、むしろ医者は損位な立場になると教え込まれ、それに疑問を持たない医学生は、思考の人格軽視という態度を取り続けるという。なかには医者になってから医療の現実を見て、問題意識を持ち、逆に患者側の気持ちを理解するようになる人もいる。

医者が医学をすべて支配するわけでもなく、病気のすべてを治せるわけではないという謙虚な意識を持てれば、患者への共感ができるようになる。つまり自分の臨床経験から、医者は自分の人間性に目覚めていくのが普通である。ところが、その道を通らない医者のほうが多いのが現状のようだ。

医学教育は、ほとんど知識を詰め込むことで終わってしまう。それは医学の進歩と同時に、覚えることが増え、医学情報が昔と比べものにならないほど多くなってしまったからだ。それに目を通すだけでも、六年間の医学教育では難しいようにすら思える。

母校出身の教授は数えるほどしかいない

全国的にみて、母校出身の教授は数えるほどしかいない。それには二つの理由がある。

新設医大は国立系や有名私立医大の出先機関の役目をし、その教授ポストは母校で教授選に敗れたか、あるいは母校で教授になれる可能性のない助教授の格好の天下り先になっているからという話だ。新設医大では研修医の二年間が終わる頃には、母校での出世なり、研究者として上をめざすことが難しい状況が見えてくる。

もう一つの理由は、もともと受験戦争でトップクラスが入学してきているわけではなく、医師国家試験にパスすればいいというレベルであり、人材であった。したがって、教授になるには本来能力的に無理だったということがある。自分の大学は、他の大学の出先機関であり、それを自分らの世代で突き崩すにはあまりにも強大な象牙の塔なのだ。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

いろいろな流派の精神医学の勉強ができたのはありがたかった

精神医学の世界で非常に勉強になり、現在の治療に自信を持てたり、本を書くうえで役立っているだけではない、勉強の楽しさを知った、とある医師は語る。高校三年生の受験生のときに、要領のいい勉強法に目覚めて、成 …

no image

病院にやってきたホームレスに苦戦した医師たち

年齢不祥、髪は脂とホコリでべとべと、おまけに目にツーンとくるほどの異臭を漂わせた、典型的なホームレス。深夜の救急センターには、実にさまざまな人間がやってくる。木枯らしが吹きすさぶ、11月末の深夜。山手 …

no image

進行ガンの意味-最近では患者に告知するケースが増えてきたが

・進行ガン 進行ガンの人にガン告知をする場合は、早期ガンだから大丈夫ですという言い方をするのが普通だ。もっとも、最近では患者にガンを告知するケースが増えてきたが、それでも告知率は多くはない。医者がシン …

no image

アメリカ的医学である研究至上主義は利益追求をするためのものか?

海外である程度研究が進んだ段階で、国内最初という研究がもてはやされているのは、いまも変わってはいないという。それで満足する、あるいは問題と感じていても何もいわずに、教授にいわれたままに研究を続ける医局 …

no image

高収入が見込める麻酔科医におすすめの求人サービス

麻酔科医は、昔は人材不足がひどかったようですが、現在ではそれも解消しつつあります。しかしそれでも、まだまだ医師不足であることには変わりないようです。 ですので、麻酔科医の求人はそこそこ見かけます。ただ …