雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

医学専門誌ならではの広告

投稿日:2015年4月18日 更新日:

どんな企業でも新規開業して1番苦労するのは一代目である。開業医も同じ。そこで、どこの開業医も頭を悩ますのが、跡継ぎ問題である。たとえばこんな話がある。S内科は開業して12年、ようやく経営も安定したところで、院長が心不全で急死してしまった。残っていた借金は、多額の保険金で返済できたが、2人の子どもを抱え、これからの生活を思って途方にくれる未亡人であった。院長はまだ48歳の若さである。

それでも娘はなんとか短大を卒業し、就職先も決まったが、息子のほうは三浪の身。かといって、国立大に受かる保証もない。今年こそなんとか医学部へ合格してほしいが、私大に入れる金はない。開業希望の、若く優秀な医師が娘の婿になってくれたら。せっぱつまって、未亡人は医学雑誌に広告を掲載することを思いついた。母の願いは切実だ。でもひとつ心配なことがある。一人娘は気立てはやさしい。しかし、お世辞にも美人とはいえない。

未亡人の真剣な眼差し

一報を受けて、さっそく打ち合わせに訪れた医学雑誌の担当者に、あのう、広告文に娘はブスですがと注釈をつけたほうがいいでしょうか?未亡人の真剣な眼差しに担当者は思わず、大丈夫、要は気立てですよと、まるで仲人みたいな口調でなぐさめたのである。正直者の未亡人は真顔で聞いた。さいわい、息子はみごと、国立大の医学部に合格し、雑誌広告は掲載されなかった。したがって、広告文に盛り込まれるはずの母の取り越し苦労を、娘は知らずにすんだのである。

開業したくてもできない医者も多い。金もツテも強力な後ろ盾もない、だが、ウデと頭脳と夢はあるといった青年である。たとえば地方の普通の家庭の出身者だ。こうした悩みを抱える双方の出会いに一役買うのが医学専門雑誌の広告である。せっかくここまできたのだから、一代で終わらせるのは忍びない。経営が軌道に乗り、借金を完全に返済して、本当のぜいたくができるのは、実は二代目からであるのである。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

病院機能評価-実態を知る方法というのはあるのか?

病院の評価すらまだまだ進んでいない現状では、大学病院の医療の実態を知る方法というのはほとんどないといっていいようだ。評価も公のものだけでなく、民間の団体をなりが、独自の視点、とくに患者の視点からの、病 …

no image

サードオピニオンを別の病院で求めると安心な理由

ある総合病院では、主治医の紹介状、それまでにおこなった治療内容、今後の治療方針、検査データ、薬の情報などを患者が用意すれば、新たな視点で治療や手術についての意見を提供してくれます。セカンド・オピニオン …

no image

実は開業医は家からあまり出ない出不精の人が多いらしい

実は開業医は家からあまり出ない出不精の人が多いらしい。開業医の行動半径は実は狭いらしい。 実は、開業医の行動半径の狭さといったら、他の職業の比ではないという。Y氏もそのひとりである。ちなみに、Y氏の医 …

no image

病院教授の絶対的な権力と力-人事権はある意味では切り札

教授は医局の人事権というものをちらっかせながら、医局を統括していく。その結果、日本の医学部は衰退してきたといわれている。医局のなかの代議委員会のような組織で、合議制で人事を決定できるようでないと、何か …

no image

地方の医学部の問題

都会の学校から地方の医学部に入学した人は、卒業した後、その地元の大学病院や医局に残ったり、あるいは地元の病院に就職する、地元の病院で研修する割合が少なく、自分の出身地の大学病院や大病院で研修する傾向が …