雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

医学略語や用語-覚えておきたいガンに関連した色々な用語

投稿日:2014年11月22日 更新日:

・インディケーション

普通は適応というと、その場所の環境に慣れることだが、医学では別の意味に使っている。日本語訳は適応だが、このコトバは誤解を与えやすい。たとえば手術の適応がないとは、手術しても意味がないから、やらない方がよいということだ、既にガンがあちこちに転移していれば、手術でガンをすべて取り除くことは不可能だし、場合によっては手術が身体に負担になって、死期を早めることもあるからだ。

・エーエルエル

医学用語のALLとは、アキュート(急性)、リンフォサイティック(リンパ性)、リユーケミア(白血病)の頭文字を取ったものだ。白血病には、これ以外にも何種類かあり、AML、CML、CLLなどと略す。

・エスオーエル

たとえば、X線やCT検査で、白くて丸いものが写った場合、それを見ながら、ここにSOLがあるというように使う。直訳すると、その場所を占領しているモノがあるという意味だ。SOLがあるからといって、必ずしもガンだとは限らないが、ガンの可能性は高い。

エタ注

・エタ注

正確にいうとエチルアルコールのこと。つまり、みんなが好きなお酒である。エタというのはエタノール。それを太い針で注射するわけだ。では、どこに注射をするのかというと、何とこれが肝臓ガンである。

・エッチシーシー

これと紛らわしい略号に、CH(慢性肝炎)やHCV(C型肝炎ウイルス)がある。もし医者がCHとかHCVと言っても、自分は肝臓ガンだと早合点しないように。肝臓ガンは、英語でヘパト(肝)、セルラー(細胞)、カルチノーマ(ガン)というが、その頭文字を取ってHCCと略す。とはいえ、CHやHCV保菌者の一部は、いずれ肝臓ガンになるが。

・エフユーオー

普通の検査では原因が分からないが、精密検査をすれば原因が判明する。FUOの原因としては、ガン・結核・こうげん病が多い。FUOとは、フィーバー(発熱)オブ(の)アンノウン(不明)オリジン(原因)のことで、日本語では不明熱と訳す。ただし、本当に原因が不明なのではない。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

エディプスコンプレックスとは?特徴や具体例

エディプス・コンプレックスは、6~12歳頃には克服されるのが普通だ。エディプス・コンプレックスは、母親に愛着を持ち、父親に敵意を持つ息子のことだ。 母親に愛着し、依存していると考えられる。父親を敵視す …

no image

現病歴はPI-今かかっている病気がどういう経過をたどっているか

・PI(現病歴) 今かかっている病気がどういう経過をたどっているかという意味。新入院患者のカルテは、CC(主訴)、PI(現病歴)、PH(既往歴)、FH(家族歴)と書いていく。直訳は現在の(プレゼント) …

no image

老夫婦の愛が強すぎたために起こった夜の事件

妻は毎日欠かさず見舞いにくる。70歳になる老人が胃潰瘍でP病院に入院してきた。それも、たかが胃潰瘍の夫のトイレにまでついていく献身ぶりである。一時も離れているのがツライ、といったふうなのである。帰り際 …

no image

白衣の天使と言われるのを嫌がるナースもいるらしい

イメージだけではなく、専門職種として実際の仕事ぶり優しい、親切、白衣の天使。この三つの言葉も、使いすぎるとナースに嫌がられるようです。ナースというと、聖職であり白衣の天使と思われています。この聖職とか …

no image

美容整形は医療ではない!?大学病院には存在しない

美容整形外科は形成外科の一分野であるが、医療ではない。根本的に違うのである。手術の技術が高くなったので、外から見ただけでは手術したかどうかはわかりまんなどというが、実際にはわかってしまう。 美容整形な …