雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

医学教育の特徴-対外的な評価が教育面に反映されにくい現状

投稿日:2014年11月20日 更新日:

医学の教科書を棒読みする授業や、コピーを配るだけの、実に権威的なものが多いという。偉い教授の授業というものは、批判もできなければ、そういうものだと叩き込まれていたのだろう。教授の授業より、臨床の現場にいる助教授の講義のほうがだんぜんおもしろく印象深いという。技術的な問題はどうしても先輩が実際に行なう姿を見ずしては学べない。そのため徒弟制度のようなものが残ってしまう一因がある。

私立医大ではさらに経営サイドである理事側の評価も入ってきて、学生の声、対外的な評価が教育面に反映されにくい。アメリカでは受講生からの評価が常になされ、学生の評価が教授の評価につながっている。それは日本ではまだまだ信じられあいことであるという。臨床系の授業を行なう教員は、大学病院で臨床を行ない、医局に所属して研究もする。それが医学教育の特徴である。

医学部のカリキュラムの時間の多さは、各医局同士のある種の勢力構造を作り出す。医学教育の方法論を教育されることなく、講師という肩書きになれば、授業を行なうことになるようだ。授業時間を多く持つことが、自分たちの医局のアピールになる。主任教授たちは自分の医局が受け持つ授業時問を多く取ろうと、カリキュラム委員会で折衝するのだ。

自分の研究成果をしゃべる

そこには、医学の現在の状況を考慮するとか、大きな展望で考えるのではなく、自分たちの勢力争いという意図が見え隠れするという。

本来、医学部の講義は医学の最も基礎的なレベルでの講義であるはずが、自分の研究成果をしゃべり、それで授業とする教授もいる。そこにはよりよい医者を作るという考えではなく、請け負った授業時間をつぶすという発想しかないようだ。意欲的な教授もいるが、それは評価されないという。あくまでも個人的な努力であり、いい先生だったで終わっている。実際に授業を行なうのは、主任教授だけでなく、助教授、講師という肩書きの医者である。最新の医学情報を入れ込んで授業を行なっていかねばならないが、まだまだ授業に対する教授側の意識も低い場合が多いらしい。

医学部で必要なものは、周囲からの適正な評価である。全権力を握る主任教授があまりにも強大な決定権を持つために、冷静で公平な評価を受けられないのが現状であるようだ。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

医師会の力は昔よりは弱まったとはいえとにかく絶大

政治にも絶大な力を誇ると言われている医師会。医師会の力は昔よりは弱まったとはいえ、とにかく絶大だ。政治に直接圧力をかけられる民間の団体は少ないが、医師会はその一つであるようだ。 選挙で力を発揮するから …

no image

輸血クロスマッチ-輸血する血液を混ぜ合わせて合わせる-用語集

医師の間で使われることがある、色々な用語を紹介しよう。 ・クロスマッチ クロスマッチというのは、患者の血液と輸血する血液をクロスして(混ぜ合わせて)、その両者がマッチするか(相性が合うか)をみるのであ …

no image

大腸潰瘍とは?その意味やその他にも色々な用語を紹介

・大腸潰瘍(ダイチョーカイヨー) 胃ガンのことを患者に胃潰瘍というのは有名だが、それと同様に大腸ガンのことを大腸潰瘍というのである。 潰瘍性大腸炎という病気はあるが、大腸潰瘍という病名をつけることは殆 …

no image

医師の評判が分からないときに自分で見て判断する方法

変わりないですか?は、高血圧などで長期間ずつと通院している患者に対して言うコトバ。このコトバの裏にはおそらく体調に変わりないと思うが、念のために聞いておこうというニュアンスが含まれている。体調に変わり …

no image

医者検索-良心的な人と悪い人の簡単な見分け方や注意点

良い医者は余計な検査はやらないし、たとえ検査するにしても、なぜその検査が必要なのかをキチンと説明してくれる。一方、患者がここが痛いここも具合が悪いと言うと、悪い医者はすぐに検査をしたがる。その方が、お …