雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

医学研究の本当の意味をもう一度考え直さないといけない

投稿日:2014年11月18日 更新日:

たしかに研究は自由で、どういうことをやってもいいのかもしれない。しかし、これからは大学病院という公共性のある施設では、その研究の正しい評価を行ない、無駄な研究をやめさせ、時間と金のロスをくい止めていかなければならない。

論文を書いた研究者が企画したものか。オリジナリテイーがどれほどあるか。他のマネや二番煎じではないか。それが臨床的に本当に意味があるか。患者の利益になるか。こういった評価を患者も参加する形でしながら、研究を見つめていかなければならないだろう。

本当に新しい研究というのは、それを見抜くだけの指導者を持たなければ生まれてこない。役立たずの研究にうつつをぬかし、他人の論文を奪って英文にし、平気で自分の論文のような顔をして、雑誌に投稿する研究者もいると言われている。

主任教授が気に入るような研究を続け、それが何の成果も生まなくてもいいとなれば、従順であったことの証としての論文にすぎず、患者のための研究論文など生み出せないことになる。そんな論文の欠陥をチェックするシステムはできていないようだ。

研究の意味を求められたとき

医学研究とは何であろうか。その研究の意味を求められたとき、とくに臨床の研究であれば、患者の役に立つということが最終目標であるはずである。しかし、医学研究の多くは、その研究目的のために研究をし、結果は問題とされないつまま、論理的につじつま合わせができていれば、その研究の持つ意味を問われることはまずない。

結果が出る研究をすることが論文をたくさん書く早道であるからだ。自分の能力を十分わかっているからか、医局に残り出世していく医者には、そういったレベルの研究もどきで満足している医者は多い。その時間的無駄、その間に医療をしないということも含めれば、こういった研究主体の大学病院の最終的な被害者は患者である。

研究をするための研究であるから、それがどんな結果でもいいわけである。研究会、学会では馴れ合いが続き、本質的な質問など行なわれない。学会のボスに頭を下げるだけが能といった医者が、研究者のような顔をしているのが、二流三流医学部の現状であるようだ。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

医療ミスについて-認定医の制度をほかの科にも広げるべき

医療ミスを招く原因の一つは、明らかに人手不足だ。絶対数が足りない上に、患者に主に接するのが経験の少ない看護婦になるから、ミスが発生しやすい。医者にしても、今は麻酔医にだけある認定医の制度をほかの科にも …

no image

医者が癌になったら-病気の医師が自分で自分を診たがる理由

医者の不養生とはよくいったもので、医者の多くは自分の体に無頓着である。医者は定期検診とか人間ドックなんて信用していない。そんなものに金を払う気にはなれないのである。だから、胃がムカムカしたらレントゲン …

no image

行った治療行為に応じて医者に金を払うシステム

行った治療行為に応じて医者に金を払うシステムにすると、過剰診療になりがちなのだが、逆に定額制にすると、過少診療になりがちだという危険性もある。そのため、高齢者の治療ガイドラインだとか標準治療をつくるの …

no image

医師バイトドットコムの評価

医師バイトドットコムは、大手医療転職支援サイトの医師転職ドットコムなどを運営している、株式会社メディウェルが作ったサービスです。医師バイトドットコムは、その名の通り、医師バイトに特化した求人を紹介して …

no image

認定医制度への疑問-差し当たってメリットはないという意見も

認定医や専門医の資格は、いまや大学病院にいる医者の大きな目標になっている。医学博士論文をだいたい卒業後六年目で書き、医学博士となると、次なる目標が認定医や専門医ということになる。ここ十年以上くらいの間 …