雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

健康

日本の医学界の権威との対立

投稿日:

どうして明治の時代に優秀な人材が多数輩出され、その後の時代になると人材が枯渇してしまうのか。どうも幕末から明治初期にかけては、まだ日本に出世コースというものが確実にできていなかったことに関係があるようです。

日本の医学界の権威との対立を言えば、日露戦争における東大閥日本陸軍の森林太郎と日本海軍の高木兼寛。近代では東大閥ガン研と日本医大の丸山ワクチン。時間が経ってみると、おのずとどちらが正しいかは明白です。

出世コースがないので、優秀な人は一所懸命に勉強をする。そのがんばりを認 めた親が家に余裕があれば明治維新後も、外国人を雇って英語を教え勉強させる。もちろん漢学も学ばせる。

シナに行って、話すことはできないが、漢文はわかるので漢文で交渉して、むしろ尊敬される。アメリカでもイギリスでも、ところが、出世コースが決まってくると、受験秀才ばかりになってくる。

堂々と交渉できるだけの素養があった

当時の英語の学力とはどれぐらいかというと、外国人と話せるだけではなく英語の文献を読みこなせなければならない。漢学では、四書五経が読めて、漢詩がつくれなければならない。ですから、明治の一流の人物は、外国に行っても堂々と交渉できるだけの素養があった。

出世コースが決まっていて、能力があると言われる人が必ず出世する世の中になったら、たいへんなことになると思います。それは出世しないことは能力がないということになります。受験秀才とは入学試験だけでレベルを決めます。試験の成績さえよければ最優秀になる。ひとつの学問がずば抜けてよくても、苦手な科目がひとつでもあればダメそれだけで落とされる。ほんとうの教養という面から考えた実力とはあまり関係がなくなってしまった。

イギリス医学とドイツ医学の違いについては、詳しいことは知りませんが、から見ると、はっきりとその違いがわかります。ドイツ医学はとにかく研究室医学なのです。そして、つねに理論的に突出します。

-健康

執筆者:

関連記事

no image

逆さ仏現象なるものが起こっている!?

寿命四十一歳説を述べた学者がいます。先生は「食」を中心とした人間の生き方を歴史的科学的に解明する「食生態学」を確立し、昭和三十四年生まれ以降の日本人の平均寿命は四十一歳だという衝撃的な警鐘を鳴らされま …

no image

瞑想に集中できない時の棚上げの方法

瞑想に集中できない時の棚上げの方法。 瞑想中は、何か大切なことや、よいアイディアを思いつくかもしれませんが、これはいいことを思いついた。よし、じゃあそれをああして、こうして・・などと思っていると、まっ …

no image

濡れた髪のままであたまを冷やすとヴァータと力パが悪化してしまう

濡れた髪のままであたまを冷やすとヴァータと力パが悪化してしまう。 ヴァータとカパの悪化は、うつ状態をもたらすことがあります。また太りやすくなりますし、花粉症やアレルギー性鼻炎、慢性気管支炎にもなりやす …

no image

アーユルヴェーダのカパとピッタを整える方法

アーユルヴェーダでは、カパが乱れると、重く暗い気分になり、思考や行動が鈍くなっていくと言われています。カパが乱れると、自分を過小評価して内向的になり、ひとつの考えにガンコにこだわったり、ものに執着する …

no image

人間はもともと果実食だった

ダーウィンが『種の起源』のなかで、人間はもともと果実食だったと書いています。ですから、かつては人間も果物だけで十分生活できた。そういう時代もあった。しかし、いまでは人間のたんぱく質を合成する力は相当落 …