異父兄弟の双子は有り得るのか?

公開日: : 最終更新日:2018/09/20 雑学

異父兄弟の双子は有り得るのか?

異父兄弟の双子は有り得るのだろうか?離婚が日常化してしまった現、異父兄弟などはそれほど珍しくはなくなった。しかし、双子で異父兄弟(異父姉妹)となったら、そんなことありえないと思うのが一般的だが・・どうなのだろうか。1938年、アメリカのシカゴで下宿屋を営む女主人が双子の男の子を産んだ。その時彼女は、下宿人の2人の男性が双子のそれぞれの父親であると主張した。ところが、2人の男性は、自分こそ子供の父親であると言って譲らない。そこで、双子と2人の男性に対して、厳密な血液検査が行われたようである。

その結果、何と2人の男性は、双子のそれそれの父親であることが判明した。そんなことがあり得るのだろうか。非常に稀なケースだが、母親の子宮が二つあるケースがあるのだ。その場合、一つの子宮の卵子が別々に受積する可能性がある。だから、この下宿屋の女主人は、二つの子宮を有し、2人の男性と同時期に関係を持ったということになる。その後、母親と双子と2人の父親がどのような人生を送ったかは定かではないのが残念だ。

異父兄弟の気持ち

親が再婚したために異母兄弟、異父兄弟がいて嫌な思いをした方、兄弟に迷惑をかけられてる方、 逆に兄弟が出来てよかったと思う方などがいらっしゃる。

異母兄弟いると知ったとき、「ふーん、で?」としか思わない方もいれば、かなりショックを受ける人もいるようだ。「私は見知らない女の人と間に産んだ子供を自分の弟とはとても認めたくない」という人もいる。

未成年で聞いたら、戸惑いがあるかもしれないが、意外に、成人してから聞かされると、ショックは大きくはなりにくいよう。

酒の強弱

酒を飲んで顔を真っ赤にした人を、見ることがよくある。それと反対に、いくら飲んでも、全く顔に出ない人もいる。酒に弱い人はもう少し強くなれたらと思い、酒に強い人はもう少し弱かったらと思いながらも、今夜もはしご酒となる。酒に強い弱いは、一体何で決まるのだろうか。体内に入ったアルコールは、その約20%が胃壁から吸収されて血液の中に入り、その一部は血液とともに理性や運動をつかさどる大脳を麻痺させる。

つまり、心地良い酔いの状態になる。また、アルコールは肝臓へ行くと、アルコール脱水素酵素の働きにより、酸化されてアセトアルデヒドになる。この物質が血液中に一定量以上になると、顔面が赤くなったり、吐き気、心臓のドキドキなどをともない、不快な酔いとなる。アセトアルデヒドは、アセトアルデヒド脱水素酵素によって酢酸になり、最終的には炭酸ガスと水に分解されて体外へ排出される。酒の強い弱いのカギを握るのは、このアセトアルデヒド脱水素酵素なのだ。

人の噂は何故75日なのか?

世間の人間というのは常になにかの話題について噂をしていないと気がすまない。特に悪い噂というのは広まるのが非常に早く、人の噂をいうは鴨の味がするとか、人の不幸は蜜の味という表現さえあるほどだ。しかし、その噂も時間が経てば次第に消えていく。日本では古来より、噂の寿命は七十五日間とされていて、人の噂も七十五日ということわざが定着しているのだ。

ちなみに、このことわざは、よきも悪しきも七十五日とか、よりのとりざたも七十五日ともいわれている。それにしても、何故人の噂は七十五日するとなくなると考えられているのだろう。鎌倉時代の軍記物語、源平盛衰記には、能々御慎あるべき事にや、人の上は百日こそ申すなれ。只披露せぬには過ぎじという記述がある。

この部分でも使われている通り、当時の噂は、人の上は百日などといわれていた。これは、人の噂も七十五日と同じ意味だが、この頃は噂の寿命がもう少し長く、百日ぐらいと考えられていたようだ。それが後に二十五日短くなり、七十五日になったのである。

ラムネにはどうしてビー玉がはまる?

誰もが子供の頃に一度は飲んだことがある飲み物といえばラムネだ。そして誰もが一度は取り出そうとしたのが、ピンのなかに入っている透明なビー玉である。ところで、ラムネを買ったときになぜビー玉は蓋の位置にくっついているのだろうか。答えは実にシンプルで、ピンを逆さまにして蓋の部分に付着させているというのが正解である。

工場ではビー玉入りのビンにラムネを入れた後、専門の機械でビンを逆さまにする。この時ラムネが少しこぼれるが、しばらくするとビー玉は炭酸ガスの圧力で、ゴムバッキンに密着して離れなくなる。その後、ピンはもう一度回されて上下が整えられ、機械から外される。そして水で洗浄され、口に封印を貼られてラムネビンは出荷されるのだ。このように、ピー玉はラムネの栓として活躍しているわけだ。現在も日本とインドのラムネだけは、ビー玉による密封法が主流である。

スポンサーリンク

関連記事

トイレットペーパーの歴史

座産-できるだけ苦痛なく産めるという方法

お産と言えば、女性にとっては一大事業と言えなくもないが、できるだけ苦痛なくということは母子と

記事を読む

ファミレス業界内でも

コンビニのおでんっていつ具材などを入れ替えているの?

コンビニのおでんの入れ替えはいつなのだろうか?コンビニのおでんといえば、冬に食べたくなる、身

記事を読む

アンネの日記は

天井のガラスの壁は煙が広がるのを防ぐ

天井のガラスの壁の正体。天井から垂直にぶら下がるガラス製の壁のようなもの。実はコレ、ただの飾

記事を読む

ココアの持つ意外な健康効果とは?

缶ジュースの値段が350と250ミリリットルで同じな理由

缶ジュースの値段が350と250ミリリットルで同じな理由は何だろうか。昔は、日本の国産缶飲料

記事を読む

理容院は明治維新の頃に横浜で生まれた

歌舞伎にはなぜ屋号があるのか

歌舞伎にはなぜ屋号があるのか。歌手のコンサートに行くと、ファンはステージに向かってその歌手の

記事を読む

アンネの日記は

遊女はどうやって避妊したのか?信じられないその方法

遊女はどうやって避妊したのかご存知だろうか。昭和の赤線時代の娼婦たちは、和紙の代わりに膣の中

記事を読む

no image

頭のいい人の脳は重いのか?シワの数はどうなのか?

頭のいい人の脳は重いのか?頭のいい人は脳が重い、あるいは、頭のいい人は脳のシワが多い、頭のい

記事を読む

ゴルフの歴史

ティッシュ配りにはノルマはあるの?

ティッシュ配りのノルマはどうなっているのか。ティッシュ配りに率先して手を出すのはオバチャンく

記事を読む

世界各地の鉄道やバスの乗車券予約を取り扱うH.I.S.本社

ラジオの周波数は何故9の倍数なのか?

新聞のラジオ放送の周波数を見てみると、面白い共通点がある。NHK第一放送をはじめ、各局の周波

記事を読む

驚き!?目に見えないバーコードがある

目に見えないバーコードがあるようだ。バーコードはいまやほとんどの商品についていて、スーバーの

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

小便器に氷が詰められているのは何故?

居酒屋やホテルなどの男子トイレで小便用の便器に氷がギッシリ入っ

理容院は明治維新の頃に横浜で生まれた
スケベの語源-江戸の町人、助平さんに由来

世の中には一瞬の出来ごころがもとで、一生どころか、辞書にまでそ

明治時代の1円の価値は
昔の日本語で面白いと思うオシャレでトンチのきいた言葉

昔の日本語で面白いと思うオシャレでトンチのきいた言葉がある。歴

鳩はなぜ平和の象徴とされているのか?
鳩はなぜ平和の象徴とされているのか?

鳩はなぜ平和の象徴とされているのかご存知だろうか? &n

野球のバッティングと似ていて
プロ野球でグローブで口元を隠して会話する理由や起源

プロ野球でグローブで口元を隠して会話する理由や起源をご存知だろ

女性専用車両は2001年3月に京王線に登場
バイクについている三角のマークの意味って何?

バイクの後ろに貼られている三角のマークって何かご存知だろうか。

男女のマーク-性別記号の正しい由来
男女のマーク-性別記号の正しい由来

今ではすっかりお馴染みとなった♂と♀の男女のマーク(性別記号)

no image
保険1番の評判や口コミ

保険1番は、インターネット広告代理事業、インターネットメディア事業を行

→もっと見る

PAGE TOP ↑