雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

環境問題

遺伝子工学という手法で動物、植物、細菌の品種改良をすることができるように

投稿日:

一九七〇年代以降になると、遺伝子工学という手法で、私たちは動物、植物、細菌の品種改良をすることができるようになりました。遺伝子工学というのは、ある生物の遺伝子を、無毒化したウイルスに運ばせて、相手方の生物のDNAのなかに入れる方法です。やっていることは「掛け合わせ」とたいしてちがわないのですが、遺伝子工学がこれまでの方法と決定的にちがう点は、遺伝子を「種」を超えて導入することができるというところです。

人類は、数千年にわたって動物を家畜化し、植物を栽培してきました。一八世紀には、「掛け合わせ」によって、動物や植物を品種改良することが盛んになりました。この方法によって、私たちは自分たちにとってより都合のいい生物を選んできました。

人間と細菌の「掛け合わせ」はできません。人間の遺伝子を、掛け合わせの方法で細菌のDNAのなかに入れることはできません。ところが、遺伝子工学の方法を使うと、細菌のなかに人間の遺伝子を入れることもできますし、人間のなかに細菌の遺伝子を入れることもできるのです。

掛け合わせでつくるには

掛け合わせでつくるには、希望する遺伝子がイネに入るまで、気長に待たなければなりません。遺伝子工学のやり方のほうがはるかに効率的です。新しい方法をはじめるときには、かならず人々の反対が起きるものです。アメリカでは、たいへんな費用をかけて遺伝子組換え作物をつくりました。反対されては困ります。

そこで用意周到に、その作物を市場に出す前に「遺伝子組換え作物は安全である」という大キャンペーンをおこないました。その効果があって、ァメリカでは穏やかに遺伝子組換え作物が受け入れられました。

遺伝子工学は、どのような利益を私たちにもたらしてくれるでしょうか。たとえばイネのDNAのなかに高濃度の農薬に耐えられる遺伝子を入れておきます。そして田んぼに高濃度の農薬を散布すれば、まわりの植物はみな枯死して、イネだけが元気に生育するでしょう。

-環境問題

執筆者:

関連記事

no image

フロンは今世紀最大の発明といわれましたが

フロンは、一九六年代から大量に生産されはじめました。フロンには、大きく分けて四つの用途があります。冷蔵庫やエアコン、ジュースやビールの自動販売機などにフロンが使われています。 フロンは、今世紀最大の発 …

no image

将来への不安を取り除くには

お金はためればためるほど不安や欲望が大きくなり、不安と蓄財は悪循環となってどんどん大きくなっていきます。不安と蓄財の悪循環は、資源破壊を引き起こします。この悪循環を断つためには、完全な社会保障が欠かせ …

no image

地球での砂漠化の原因

森林の再生を考えずに木を切ると、土壌が劣化し、砂漠化していくことにつながります。家畜に牧草を食べさせたら、その土地を休ませて、土壌が回復し、植生が回復するのをまたなければなりません。その暇を惜しんで、 …

no image

CO2排出量の推移と過去の世界の動き

京都会議には、世界の一六八カ国と一地域が参加していました。温室効果ガスの三分の二がCO2(二酸化炭素)であることから、温暖化を止めるには、CO2を現在の二分の一に削減する必要があると国連は考えたの。京 …

no image

野菜の輸入はどこから行われているのか

日本は食糧輸入の量が他の国に比べて非常に多いです。どのようなものが輸入されているのか確認しておきましょう。野菜についてみると、生鮮野菜は八七万トンを輸入しています。なかでもカボチャが一五万トンで、生鮮 …