雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

環境問題

遺伝子工学という手法で動物、植物、細菌の品種改良をすることができるように

投稿日:

一九七〇年代以降になると、遺伝子工学という手法で、私たちは動物、植物、細菌の品種改良をすることができるようになりました。遺伝子工学というのは、ある生物の遺伝子を、無毒化したウイルスに運ばせて、相手方の生物のDNAのなかに入れる方法です。やっていることは「掛け合わせ」とたいしてちがわないのですが、遺伝子工学がこれまでの方法と決定的にちがう点は、遺伝子を「種」を超えて導入することができるというところです。

人類は、数千年にわたって動物を家畜化し、植物を栽培してきました。一八世紀には、「掛け合わせ」によって、動物や植物を品種改良することが盛んになりました。この方法によって、私たちは自分たちにとってより都合のいい生物を選んできました。

人間と細菌の「掛け合わせ」はできません。人間の遺伝子を、掛け合わせの方法で細菌のDNAのなかに入れることはできません。ところが、遺伝子工学の方法を使うと、細菌のなかに人間の遺伝子を入れることもできますし、人間のなかに細菌の遺伝子を入れることもできるのです。

掛け合わせでつくるには

掛け合わせでつくるには、希望する遺伝子がイネに入るまで、気長に待たなければなりません。遺伝子工学のやり方のほうがはるかに効率的です。新しい方法をはじめるときには、かならず人々の反対が起きるものです。アメリカでは、たいへんな費用をかけて遺伝子組換え作物をつくりました。反対されては困ります。

そこで用意周到に、その作物を市場に出す前に「遺伝子組換え作物は安全である」という大キャンペーンをおこないました。その効果があって、ァメリカでは穏やかに遺伝子組換え作物が受け入れられました。

遺伝子工学は、どのような利益を私たちにもたらしてくれるでしょうか。たとえばイネのDNAのなかに高濃度の農薬に耐えられる遺伝子を入れておきます。そして田んぼに高濃度の農薬を散布すれば、まわりの植物はみな枯死して、イネだけが元気に生育するでしょう。

-環境問題

執筆者:

関連記事

no image

ヨーロッパのグリーン税制は新しい段階に入か

ヨーロッパと異なり、日本では、これまで産業界の反対で、環境税の導入はあまり積極的に議論されてきませんでした。九三年に環境基本法が成立し、それを実行するための環境基本計画が翌年一二月に閣議決定されました …

no image

生命は同じところから来て同じところに帰る

あの人も、この人もみんな兄弟です、と考えていませんか?世界が広がったように感じませんか?そのことに気づいたあなたから、新たな気持ちで周りの人に声をかけてみませんか。「おはよう!」「こんにちは!」「さよ …

no image

新住宅市街地開発事業の断念と愛知万博の根本からの見直し

「環境団体に関しては、ハイレベルでのコミュニケーションを期待したい。特に世界的な環境団体であるWWFなどとの十分な意思疎通を求めたい。ハィレベル接触とは、審議官レベルの中間管理職による説明ではなく、通 …

no image

森林が成長量の数倍のスピードで減少している現状

現在、森林は成長量の数倍のスピードで失われています。一年間に日本の半分の面積にあたる広大な森林が破壊され、このままでは百年以内に世界中からすべての森林が消えてしまいます。森林がなくなるということは、何 …

no image

排出権取引などをめぐっての欧州とアメリカの対立

京都会議では、日米EUなど先進国は温室効果ガスの排出量を削減する手段として、国内対策のほかに、外国と協力して実現した排出削減量も、公約の削減量に加えることができると決めています。排出権取引、共同実施、 …