雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

心理学

居場所のない異常な心細さと不安

投稿日:

彼女の父は、彼女の母親を結婚しないまま見捨てた。彼女は私生児であった。しかも、頼りにすべき母親も精神病院に入院し、施設や里親先を転々とし、十四歳で初めて安定した家庭に落ち着くことができた。その間に彼女を脅かしたのは、居場所のない異常な心細さと不安であった。

彼らはいつも人にかわいがられることで身の安全をはかる心性が習い性となっているために、かえってとても愛橋のある魅惑的な人柄になることが多い。ここでは、その代表的な人物として、かのマリリン・モンローの話をしたい。

彼女は十四歳までの間に一二十何回も住まいを変えなければならなかったという。それだけに依存型障害が生じたのはやむを得ないことだった。つねに見捨てられる不安を抱き、だれかに頼ったり、助けてもらわなければ生きていけないという不安に脅かされていたから。

頼っていなければいられないという不安から

マリリン・モンローの魅力は、けっしてただ単にグラマーであることや、美人であるということではなかった。われわれ男性が彼女に心ひかれたのは、そのたぐいまれな複雑な表情や、全身から発せられる可隣さ、傷つきやすさが伝わってきたためである。つまり彼女の魅力というのは、このような見捨てられる不安に満ちた、だれかに頼っていなければいられないという不安からつくり出された魅力であった。

自分を養ったり、自分に居場所を提供してくれる大人たちのだれの言うことも聞く、いつもよい子でいなければならない。よい子の彼女は、魅力あるかわいい女の子を演じて、愛を得ることに汲々として育った。

しばしばこのような身の上で育った人々には、魅力的なほほえみを持った人物(アトラクティブ・スマイラー)が多い。つまり、人にかわいがられることが自分の生きる最大の手立てになる、そのような子供である。その深層には、見捨てられる不安とか、人に拒絶されることに対するおそれや傷つきがある。このような彼女が、やがて、美しい肢体を持った女性として映画界で格好のセクシャル・ハラスメントの対象になったのはやむを得ないことであった。

-心理学

執筆者:

関連記事

no image

象が思春期を迎えると

アフリカゾウのオスは思春期(一四歳くらい)を迎えると、すぐにメスが仕切る出生グループを去り、小さな「野郎」集団となってさまよい歩きはじめる。発情期には、各々の性的魅力がさかんにアピールされる。 動物の …

no image

雄、雌の求愛

科学者たちが外科的手段で一雌一雄関係を築く。スズメのオスにテストステロンを注入したところ、それまで忠実な父親だった彼らが巣と子どもとを見捨て、ほかのメスに求愛しはじめた。性欲と愛着を生みだす化学システ …

no image

愛する人について考えてしまう

人は起きている時間の八五パーセントは「愛する人」について考えてしまうものらしい。パルチヴァールのお供があわてて黄色いスカーフを落として血痕を覆ったところで、ようやく彼はわれに返って槍を下ろし、あわやの …

no image

愛と憎悪と怒りをつなげる脳内リンク

愛と「憎悪と怒り」をつなげる脳内リンクこそが、ストーキングや殺人、自殺など、痴情がらみの犯罪が世界中でこれほどたくさん起きている原因を解明する鍵を握っているのかもしれない。愛着が破壊され、愛の衝動がく …

no image

自分が病気だという思い込み

あの追突事故では軽いむちうち損傷になったのは確かかもしれない。しかし、それに頸椎捻挫程度で、どう考えてもそれ以上脳に後遺症を残すほどの衝撃が加わったとは思えない。MRIを撮っても所見はないんです。脳波 …