雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

現代自動車の新型サンタフェが価格を抑えて登場

投稿日:

現代自動車は、全国の営業店を通じて新型「サンタフェ(Santa Fe)」の事前契約に突入すると21日明らかにした。新車は、現代車のデザイン哲学である「プルルイディックスカルプチャー(Fluidic Sculpture)」をベースに「嵐の生成と消滅の中で起きている自然の強さと繊細さ」を意味する「ストームエッジ(Storm Edge)」をコンセプトにデザインされた。外観はLEDポジショニングランプ、LEDリヤコンビネーションランプなどを適用しており、質感と視覚的完成度を高めた19インチアルミホイールを同等最初適用した。

公認燃費は17km /ℓであることが確認された。スマートフォンを介して車両のリモート始動、空調制御、ドアの開閉などを行うことができようにした最先端のテレマティクスサービス「ブルーリンク(Blue Link)」を現代車初搭載した。また、膝エアバッグを含む7エアバッグシステム、警報音を鳴らして車線逸脱するかどうかを示す車線逸脱警報システム、手動で調節可能なバックドアマニュアルカーテンをSUV初適用した。

このほか、レバー操作で、はるかに簡単になった電子式パーキングブレーキ(EPB )、停車時に自動的にブレーキを作動させてくれるオートホールド、効率的な空間活用を支援する2列シートスライド機能、運転席12Way電動シートを搭載した。正確な販売価格は、正式に発表していなかったが、古いモデルより平均100万ウォンほど上がったことが分かった。現代車関係者は「予想以上の強力なカリスマ、既存のSUVの常識を超え先端仕様と高級感で武装した新車は、新しいSUVを待ってきた顧客に満足を超える破格のプレゼントするだろう」と語った。

パナメーラGTSを初めて公開

ポルシェ公式輸入会社シュトゥットガルトスポーツ(株)は、ソウル新羅ホテルトパーズホールで新車発表会を持ってパナメーラGTSを初めて公開した。GTSは4.8リッターV8自然吸気 ​​エンジンの性能を高め、6700rpmで430馬力を発揮する。停止から100km / hまで4.5秒かかり、最高速度は288km / hに達する。公認燃費は都心6.1km /ℓ、高速道路9.2km /ℓ、統合された燃費7.5km /ℓ、販売価格は1億7900万ウォンである。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

試乗の際のチェックポイント

クルマを試乗する場合、乗り味、乗り心地はどうか実走行して、そのクルマが自分に向いているかどうかを確認します。 シートのサイドサポートが大きすぎると乗り降りの邪魔になり、小さいとコサでしっかり体を支えて …

no image

トヨタがデザインの真似をすることへの不安

1999年の東京モーターショウにホンダが出した不夜城をトヨタは全面的にパクった、と語るある専門家。トヨタはひとつのフロアパネルを完成させると、そのバリエーションなら3カ月でできると豪語している。これは …

no image

車から発せられる異音を自分で聞き分ける

車が故障しているときには、異音が発生することがよくある。高い音はカムとバルプが当たるタベット音やウォーターポンプベアリングのヘタリ、ファンベルトのゆるみによる暴れといったところだ。低い音はエンジンの背 …

no image

ローバーミニの中古車はタマ数も多く見つかりやすい

1リッター、4気筒のエンジンを横置きにし、トランスミッションとデフを積み重ねることでスペースを稼ぐ、というアイデアで、最小の外寸に最大の居住空間を実現した設計者、アレック・イシゴニスは天才と呼ばれ、サ …

no image

自動車の重心位置とタイヤ特性と車体形状という物理的要因

自動車の重心位置とタイヤ特性とそれに車体形状という物理的要因によって決まります。しかし、それですべてが決まってしまうということではなく、それ以外の要因として、前後輪のコンプライアンスをはじめ、前後輪ア …