雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

放射線技師資格者と医者同士の微妙な関係とその難しさ

投稿日:2014年11月20日 更新日:

画像診断はこれからも進歩を続け、専門職としても重要性はますます高まるが、病院内部では、なかなかその立場は改善されない。医者の指示によって、レントゲン、MRIなどによる撮影を行なう。放射線技師が医療の表に出ることは少ない。最近では超音波診断も放射線科に含まれているところが増えた。そのために、名称も画像診断という呼び方がされるようになってきた。

これからはこういった技術職も、病院経営にまで参加していくべき時代であるだろう。あるいは患者の不安を取り除くため、患者と医療器械との接点に立っているという自覚を持たねばならない。国家資格を持った技術者でありながら、独立して仕事ができないというジレンマが、常に医者に対する不満となっていることも事実であるようだ。看護婦と同じように、医者の指示のもとで働かなくてはいけない。それは放射線技師の仕事への意欲を低下させてしまう原因になる。

医療事務は大学病院の顔

医療事務は一見、大学病院の会計や保健診療報酬の請求だけをやっているように思えるが、ある意味では大学病院の顔である。
外来の受付事務員はその大学病院の印象を決めてしまうといってもいい。
しかし、残念なことに多くの病院では、受付事務員の態度は横柄に見える。
大きな建物で、病院の流れもわからない患者にとって、事務員の親切な対応は非常にありがたいものだ。
それだけに、そっけない態度が喧嘩のもとになったりする。

あまりに忙しくパニックになっている受付事務員と三時間も待たされている患者との言い合いはよくある。
それは問題を抱える大学病院の象徴的な姿であった。
病院を改築しても、国立系の大学病院では、なかなか事務員の接客態度まで改善できないのが現状のようだ。
しかし、その仕事の重要性、つまり医療がサービスであるという観点から、すでに受付事務員を立たせて接客させる病院も出てきている。
将来、病院の淘汰が始まるときには、受付事務は病院の第一印象を決める非常に重要な職種になるといわれている。
大学病院が医療サービスにどう取り組んでいるかを判断するには、受付事務員の対応を見るだけでもかなり知ることができるのだ。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

ラジウム線源による被爆などの問題

昔はラジウム線源がよく用いられていて、術者被ばくが問題となっていた。このため、術者被ばくを解消する方法として、遠隔操作式後充填照射装置が考え出された。 最近では、ラジウム線源ではなく、セシウムやイリジ …

no image

ニューハーフの患者が大部屋に入ったらどうなる?

パンツスーツは女性のファッションとして定着しましたし、髪の長い男性もふえています。世間では男女の区別が少なくなってきています。かつては女性の職種だった看護婦さんや保母さんにも男性が進出してきました。男 …

no image

人を助ける仕事をしにきたつもりがギャップに驚かされる医局

最近でこそ患者が主役という言薬は使われるようになってはきたが、まだまだ大学病院の主役は主任教授なのである。大学病院の主役は患者ではなく主任教授だった。医者になり臨床の場に初めて接したとき、これまで受け …

no image

強迫性障害の症状や特徴

強迫性障害の状態になってしまっている人は、世の中にけっこういるようである。強い強迫性障害ではなく、軽い症状なら、神経質な人なら、かなりの数いるはずである。 外出しようと家を出てから、「カギをかけ忘れた …

no image

親から虐待を受けた人が暴力的なパートナーを選ぶ理由

過去に親から虐待を受けた人が、結婚相手に暴力的なパートナーを選んでしまうことがある。親から虐待を受けていたにもかかわらず、どうしてまた暴力を振るうような相手を選んでしまうのだろうか。 暴力的なパートナ …