雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ネットショップ

表記方法の注意-企業都合の表記は徹底的に排除しよう

投稿日:2015年1月22日 更新日:

~企業都合の表記は徹底的に排除~

ネットサイトでのラベリングの失敗例で最も多いのが、企業都合、情報発信側の都合のラベリングです。理解できないという感情が募れば、離脱へとつながり、大きな機会損失になるでしょう。わかりづらい商品名が複数列挙されている場合は、ユーザーに大きなストレスを与え、最悪離脱を招いてしまう可能性があります。

ユーザーに認知されておらず直感的にわかりづらい商品名やサービス名をナビゲーションなどに設定してしまうと、ユーザーはそのナビゲーションが自分にとって必要な情報かどうかを判断できず、クリックしてくれる可能性が低くなってしまいます。

商品名があるばかりに複雑に見えてしまう可能性があるのであれば、思い切って商品名やサービス名自体を取ってしまう方法もあります。実際の商品名やサービス名は、リンク先のページで表示させればよいわけです。商品名やサービス名を簡単に変えることはできませんが、解決策のひとつとして、その商品ロゴやサービスロゴにショルダーを用意したり、サブタイトルを用意する方法があります。注釈を用意すれば、この商品は何なのか容易に理解でき、ストレスも感じることがありません。

ラベリングはユーザビリティに大きく影響

能動的に情報を探すようになった新しいユーザーは、以前のようにコンテンツをじっくりと読んではくれません。検索したワードに関連した、欲しい情報だけを短い時間で取得しようとする行動が目立つようになりました。ナビゲーシヨンやカテゴリなどが不明瞭なラベルだったため、ユーザーに理解されず、離脱されてしまうケースを多く見かけます。機会損失につながらないように、ユーザーにとってわかりやすいラベリングを心掛けましょう。

斜め読みや飛ばし読みは当たり前で、最初から順を追って読んでくれるような読み方は少なくなってきています。従来のパンフレットやカタログなどの印刷物の読み方とはまったく異なる読み方がなされているわけです。最近ではユーザーのリテラシーが飛躍的に高まり、検索エンジンを自由に扱い情報を取得することが当たり前になりました。

このようなプル型ユーザーをしっかりととらえるには、即座にコンテンツの内容を理解させる適切なラベリング(呼称の仕方)が必要になります。

インターネットで稼いでみたい方は、ポイントサイトを使った副業がおすすめ!現在私が一番お金を稼いでいるポイントサイト「げん玉(会員数500万人)」なら毎月5万円は稼げますよ!

-ネットショップ

執筆者:

関連記事

no image

ブログやSNSを活用して新たなマーケテイングを実行しよう

かつてのインターネットメディアでは、一方的に制作側が配信する情報を受け手である一般消費者が読んで、口頭で伝播する流れが主流でした。なかには掲示板やホームページを個人が作成し、情報交換がなされていました …

no image

ショップ機能を備えたオールインワン型

・ショップ機能を備えたオールインワン型 レンタルサーバーに比べると利用料金こそ高めですが、パソコンに不慣れな人でも簡単にショップをオープンできるシステムが組まれているほか、ショップ運営を軌道にのせるた …

no image

CGMマーケティングで説得力のあるコミュニケーションが実現

ブログやSNS、掲示板、YouTubeなど、インターネットの機能を使いユーザー自らが情報を発信するようになり、メディアとしての力を持つようになりました。このようなユーザーが情報を発信するメデイアを称し …

no image

商品写真掲載のコツ

商品写真をただ並べているだけでは、見る人を飽きさせてしまい、商品の魅力も伝わりません。ときには商品を大きくアップにしたり、商品のイメージに合った小物を添えて撮影することで、変化を付けることができます。 …

no image

ネットショップにまつわる業務のアウトソーシング化が進む

かつて、HTMLをはじめネットの知識をもった人だけができるものだったネットショップ。ショッピングモールや、ASP型レンタルショッピングカートシステムなどのサービスが普及したことにより、一気に増加しまし …