雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

評判の良い病院が分からないときに自分でいい医者を見極める基準

投稿日:2014年11月21日 更新日:

もし、熱が高いから点満しましょうとか、のどが赤いから血液検査をしましょうなどと言って点満や検査をすると、医療費はかなり高額になる。たかがカゼくらいで高額の医療費を取られる病院は、悪い病院なのである。カゼをひいて病院にかかると、その医療費は病院によってかなり異なる。たとえば、普通のカゼ薬に加えて漢方薬を出す病院は、医療費がちょっと高くなる。漢方薬は、効き目が弱いわりには値段が高いからだ。

患者の治療とは直接に関係のないといわれる研究に没頭して、多数の論文をまとめ、政治力や人脈を生かして教授選で当選した人が教授になれるのだ。日本全国の名医リストといった類いの本が何冊か売られている。しかし、これらの本には、大学教授がかなり載っているので、殆どアテにならない。なぜなら、患者思いで親切で手術が上手な人が、教授になれるわけではないからだ。

開業医や個人病院の場合、患者が来ないと商売にならないので、わざと愛想良く優しく振る舞ってみせることが多い。もちろん、本当に優しい医者もいるが。患者思いで親切にいろいろ励ましてくれる医者は、患者にとって良い医者である。一方、大学病院などの固定給の医者は、わざと優しくしても給与には反映されないから、優しそうな医者は本当に優しいのだ。

じゃあ、薬を出しておきましょう

もしかしたら別の病気の可能性もあるし、仮にその病気だとしても、患者によって症状が少しずつ違うので、それによって薬の内容も変わってくるから、体調が悪くて病院へ行くと、患者の話をロクに聞きもしないで、ああ、これは○○病だね。じゃあ、薬を出しておきましょうと、簡単に片付けてしまう医者がいるが、これでは、とても良い医者とはいえない。

悪い医者は、自分の患者を取られると困るから、他の医者に患者を紹介したがらない。良い医者は、自分の診療内容に自信があるから、他の医者に患者を紹介しても、この患者は、どうせ自分の病院に帰ってくると思っているだが。
これは、セカンドオピニオンといって、主治医が自分の患者を別の医者に紹介し、その医者の見解もふまえた上で、患者が自分の病気の治療方法を選択することもしばしば行われる。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

医者の触診を役得と考えるオタク医師の話

露骨に触れば問題にもなるだろうが、触診中に大きな乳房なら手に触てしまうこともある。役得である。普通の神経をしている男の医者なら、美人や若いグラマーな女性の裸を見るのは楽しいという人もいるようだ。 今時 …

no image

病院で働く職種や人は様々

病院の関係者が心身医学療法の一つである交流分析(対人関係に重きを置いた心理療法の一つ)を学ぶことも、確かにいい方法でしょう。しかし、今の医療機関の現状を考慮すると、今日はハンバーガーはよろしかったでし …

no image

整形外科は人気-血を見たくないと外科の人気は降下

外科は男の世界。男性が女性化していると話題になっているが、医学界でも同様で、内科や眼科というきれいな科目の人気が高くなっているようだ。時代が変われば、医者の心も変わるということだろうか。一昔前は、外科 …

no image

ダブルバインドとは?親子の間で起こる事例

ダブルバインド、すなわち二重拘東と呼ぶと呼ばれる状態をご存知だろうか。ふたつの矛盾した命令を受け、身動きのとれない状態におかれることを、ダブルバインドと呼ぶ。 こうした状況に追い込まれた子どもは、矛盾 …

no image

医学博士取得にこだわる理由と肩書きへの敬意

医学博士号の審査のシステムに欠陥があることはいうまでもないという。研究論文として本当に優れたものを書いて研究者に与えるものであるなら、医学博士も意味があろうが、現状では論文の内容にはほとんど意味がない …