雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

百円ショップの活用上手なある主婦のお話

投稿日:

テレビ番組で百円ショップの商品を使った収納法などという企画がよく組まれていて、主婦の方々はいろんなアイディアを思いつくものだな、と感心します。残念ながら、私にはそういった才能はありませんが、最近、近所のダイソーにハマッてます。娘と月に一〜二度、ダイソーに行くのですが、ブランドショップで高価なものを玲味しているときとなんら変わりがないくらい、真剣に物色しています。私が得意とする百円ショップの利用法は、百円に見えないものを探し出し、さらに百円に見えないように使うというもの。

その成果である戦利品を、いくつか紹介しましょう。合皮のペンケース。数色のラインナップがあり、私はその中から、ややブロンズのキャメル色をチョイスしました。細身で女性らしいエレガントなシルエットで、皮も凝視しなければ、本物に見えそうな出来です。バッグと中の小物の色に統一感があると、手を抜いていない感じがしますからね。実は、この色選びがポイントなんです。

茶色のクロコのバッグの中に入れようと思い

というのも、私はそのペンケースを、お気に入りの茶色のクロコのバッグの中に入れようと思ったんです。で、早速、そのバッグの中に、このペンケースを入れて仕事に行ったときのこと。バッグからペンケースを出す私の姿を見た女性が、あら、そのペンケースいい色ね。どこのブランド?と聞いできたんです。このときのやった感、こそ、百円ショップの楽しみ方です。

また、先日は、とても百円には見えないデニムのミニボストンを娘が発見。続いて友達が、てのひらに乗るくらいの、透明のボストンバッグにカラーゴムがセットされている凝った商品も見つけ、その二点をお友達とお揃いで購入しました。

お友達のお母さんがそれを見こんなにも、いいものを買っていただいて、すみません。いいのよ、お手伝いしでもらったし。それに百円ショップだからと言うと、驚きながらも、安心されたようです。百円ショップでは、日頃、使っているお気に入りのものに、ミックスさせて使うと、百円の安っぽさは消えます。この法則を覚えておくと、百円ショップで使えるものが増えていきます。ある買い物上手の主婦のお話でした。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

世界の富の分配システムを作るという考え

消費者の多くは、富の分配システムを作るという考えに賛成のよう。「デザイナーや企業の重役連中が進んで報酬をカットすれば、大抵のファッションは安くなると思うわ」。ペンシルベニア州へイズルトン在住の主婦の意 …

no image

プロトコールマナーをわきまえたフランス人たち

上品なおしゃれの極意もオケージョンやプロトコールをわきまえることだと思う。着こなしで、その人の品性や知性まであらわれることが往々にしてあるのだから。プロトコールとは、平たく言えばものごとがスムーズに運 …

no image

パリのティーンのファッションの輝き

まったく飾りけの消えうせたパリのティーンエージャーたちは、間違いなく輝いている。そもそもコンサバな着こなしで育った彼女たちにとって、ドレスにあまり違和感はない。飾りけのない、ちょっとやほったいいいる彼 …

no image

体にフィットした服を選ぼう-やはりオーダーのものは最高

洋服に使う生地で作ったチャイナ風ワンピース。まるで彼女のためにあつらえたようなワンピースて、背中からウエスト、ヒップ、ももへと、身体にびたりと沿ったシルエットに思わずため息がでそうに。サイズマニアの彼 …

no image

ファッションの研究に熱心なある主婦のお話

娘の仲良しのお友達のお母さんに、Aさんという三十代の方がいます。彼女は、ファッションに関して、とでも研究熱心です。娘がいることで、ママ友達ができました。いままでは、同じく仕事を持つ女性と接することが多 …