雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

包丁などの刃物専用の引き出しを作っておくと安心

投稿日:

・刃物、専用引き出しを作っておくと安心

引き出しのなかにレードル類と一緒にスライサーやおろし器を入れていて、ほかのものを取り出そうとして手を傷つけてしまうことがある。シンク下の扉の裏には、たいてい包丁差しがついている。ここに包丁を収納している人は多いだろうが、しまおうとしてうっかり手をすべらせて、包丁を落としてしまうこともあるので、注意が必要だ。そこで、刃がついたもの専用の引き出しをつくっておくのも一つの方法。引き出しのなかを2つに仕切って片方には包丁を、もう片方にはスライサーやおろし器、皮むき器などを入れておく。あいた扉の裏のスペースには、フックをつけるなどしておたまや菜ばしを掛けておくといい。

ゴミ袋のストックを収納するとっておきの場所

ストック用の袋を小さくたたんで、クズかごの底に入れておく。ゴミ袋のストックを収納するのに、これ以上ない場所がある。たいていの家庭が、クズかごにスーパーでもらった袋などをセットして、たまるとまとめて袋ごと取り出して捨てるシステムだろう。そして、そのクズかごにセットする袋の下に、ストック分をたたんで入れておく。ゴミがたまっていっばいになったゴミ袋を取り出すと、その下に新しい袋が入っているから、それをそのままクズかごにセットするだけ。こうしておくと取り出し、セットが一連の流れで行えるから、動作にムダがない。簡単なことだけれど、使うものは使う場所に収納するというのが収納の鉄則。事全般にも同じことがいえるのだ。

ラップやホイルの予備は1本で十分

一日に何メートルも使うというものではないのだから、使用中のもののほかに一本だけストックがあれば十分。ラップやホイルなどは、安売りなどでつい余分に買ってしまいがちだが、本数をそろえておいても、余分なスペースが必要になって、キッチンが片づかないという結果になるだけ。ストックがなくなったら、安売りのときを見計らって新しく一本購入しておけばいい。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

銀座カラー予約はネットが安い|銀座カラー全身脱毛キャンペーン中

ある時、私の嫁が全身脱毛をしたいと言い出しました。嫁が、実際に全身脱毛を体験して、かなりよかったというサロンがあり、そのサロンが、「銀座カラー」で、日本全国に店舗を構える超有名店でした。 嫁が脱毛サロ …

no image

洋服の整理・収納

子どものころからの習慣で、衣類はよそゆき、ふだん着、家庭着などと分けてしまいます。これがかえって、整理を難しくするのです。こんなことなら、ランクづけをやめればよいのに、習慣とは恐ろしいもので、なぜかや …

no image

畳の変色をきれいに掃除

畳は、昔ほどではないですが、今でも日本時にとって欠かせない存在です。畳は、長年使うと、新品の時よりも変色します。畳の変色はどうしても免れません。特に直射日光の当たるところは黄色に焼けてしまいます。 変 …

no image

古い家具のリメイクDIY術

古い家具のリメイクDIY術を紹介していきましょう。 古い家具の小さな引っかき傷には、スティックタイプの家具専用の補修剤を使うか、クレヨンまたは絵の具で着色し、色止めにニ色がはげることはありません。いず …

no image

マンションの仕切りを収納に活用する方法

・マンションの仕切りを収納に活用 使い勝手を考えるとベランダに置いておきたいけれど、それではベランダが雑多な印象になってしまう。ベランダのハンガーや洗濯バサミ、布団バサミなどは、収納場所にちょっと困っ …