雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

環境問題

放射性廃棄物の処理法律が分からないなら原発はいらない

投稿日:

一つ大切なことがあります。原子力発電では、放射性の廃棄物が出ますが、私たちは、それの安全な処理方法を知りません。放射能は私たちのDNAを破壊しますから、もっとも恐ろしいものなのに、放射性廃棄物をどう処理すればよいのか、わからないのです。

日本では、原子炉のシュラウド(炉心隔壁)に電裂が見つかりました。それも一つや二つではありません。ほかにも、管理のずさんさ、作業のずさんさが次々にあきらかにされました。原子力発電所は、つくるのに費用がかかります。また、老朽化した発電所を解体するにも莫大な費用がかかります。炭酸ガスの問題はありますが、火力発電の方がずっと経済的です。

原子力発電の恐ろしさ、愚かさに気づき、廃棄の方向に進みはじめている国もあります。ベルギー上院は、二〇〇三年一月一六日に、運転中の七基を二〇二五年までに全廃する法案を可決しました。ドイツ、スウェーデンは脱原発をめざしていますし、英国、カナダ、スペインは新しい原子力発電所の建設は予定していません。

ガンになる確率が大幅にあがります

東海村の事故で、致死量の放射能を浴びた人のDNAは、ずたずたに切れていたそうです。チェルノブイリの事故のデータでもわかるように、それほどの量を浴びなくてもガンになる確率が大幅にあがります。母親のお腹のなかにいる胎児も早い時期なら流産となり、それを過ぎると奇形になったりガンになったりします。

アメリカは京都議定書も批准しませんでした。アメリカは二〇〇二年、ブッシュ大統領が今後二年間で一三カ所の原子力発電所を建設するといっていました。これは毎週一つずつ原子力発電所をつくらなければならない数なのでした。日本は、石川県洲市、新潟県巻町に建設予定の計画が凍結、断念されたものの、増加の方向に向かっていした。二〇〇一年までに約一・五倍の原子力発電を計画中でした。しかし、2011年の震災で、日本の原発は稼動をストップしています。

-環境問題

執筆者:

関連記事

no image

ポストハーベスト農薬などの問題

ブロッコリー自体が外国から伝来した野菜で、昔はありませんでした。それでも日本で栽培するものは、ちょうど菜の花の咲く少し前に、八百屋さんの店先に短期間だけ並んだものでした。まだ日光が弱いときに育つので、 …

no image

ゼロエミッションとは廃棄物ゼロという意味

ゼロエミッションとは、文字通り訳せば「廃棄物ゼロ」という意味です。この言葉が公式に世界に向け発信されたのは、九五年四月に国連大学で開かれた第一回ゼロエミッション世界会議の席上。国連大学のイニシアチブで …

no image

野菜や果物などの輸入について

塩蔵野菜の輸入は約二〇万トンで、キュウリ、ナス、ラッキョウ、ワラビ、シメジなどが輸入されています。冷凍野菜の輸入は、約七二万トン、エダマメ、ホウレンソウ、スイートコーン、インゲン、グリーンピース、混合 …

no image

環境破壊や資源の枯渇を招く現状の経済を転換しなければいけない

今本当に必要なものは、地球環境の破壊につながる景気刺激策よりも、地球環境の修復、ではないでしょうか。景気刺激策を求めることは、実はバブル回復を求めることになります。特に大型公共投資については、真剣に考 …

no image

グリーン購入ネットワークのガイドラインやその目的とは?

「本ネットワークは、グリーン購入が環境保全型製品の市場形成に重要な役割を果たし、市場を通して環境保全型製品の開発を促進し、ひいては持続可能な社会の構築に資する極めて有効な手段であるという認識のもとに、 …