雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

哺乳類の知能の違いについての学者の見解

投稿日:

犬は人間に近いどころではない。それほどイス族に対して失敬な言い方はないだろう。犬の知能、などという本では、書くことがまるでないだろうとある人のひとりは言った。私たちがたくさんの犬種を作ったことによって、知能の高さも、また知的能力パターンも多種多様な動物が生み出された。彼は心理学者として知能あるいは少なくとも思考という言葉を選び出し、人間特有のものでしかないと定義すれば、書く手間も調べる手間もぐっとはぶけると忠告した。

心理学者、生物学者、そして生態学者の多く(とくに行動主義者、を自称する人々)は、まさにこの見解をとっている。いかなる高度な思考過程が関与していようと、人間と動物の行動が必ずしも同じ原則に支配されているとは思われない。しかし、状況はそれほど単純ではない。認知心理学および情報処理心理学と題する最近の研究書の中で、三人の心理学者が、こう結論を下している。多くの高名な科学者がこのいささか否定的な見方に反対している。

チャールズ・ダーウィンは

たとえばチャールズ・ダーウィンは、常識ある者なら誰しも、犬の知能が人間と完全に同じだなどとは言うまい。大統領や国家元首に選ばれた犬もいない(対立野党がけちをつけるときに、比喩として使われる場合を例外として)。犬の知能にははっきりと限界がある。犬は決してオペラを作曲したり小説を書いたりしないし、橋を設計することもサイバネティックス理論を研究することもない。

これを書きながら、政治的に高い位に就いた犬の話題に寄り道するのも悪くないと、ふと思いついた。人類の起源の中で、感覚や直感、さまざまな感情や能力、人間の誇る愛、記憶、注意力、好奇心、模倣の力、理性などは、低次の動物にも萌芽の状態で、また、ときにはかなり進んだ形をとって、見出すことができるとも書いている。人間の知性と、より低次な哺乳類の類縁たちの知能とのちがいは程度にあり、種類の相異ではないとしている。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

動物とひとつになる

人類は、とっくの昔に、精神と肉体、感情と健康や病気との関連に気づいているのです。米北米で指折りの超能力者クラリッサ・バーンハートは、ずっと以前から動物とのあいだに驚くべききずなを結んでいる。 先頃、彼 …

no image

人々の知的能力に一貫性が欠ける理由を解き明かす

生物の知能には特殊知能と一般知能とがあるという考え方は、人々の知的能力に一貫性が欠ける理由も解き明かしてくれる。データを集めてみると、結果はふたつの可能性の中間を示した。特定の知的能力を個別に測定する …

no image

摂取促進用のガムなどを扱うショップ

ブランドスローガンの「しあわせ、あいする」は「愛することの大切さ、喜び、幸せをもっと人々と分かち合いたい」との同社の思いと、「ペットと人の愛情を育み、幸せな暮らしを創造する」との同社の約束を表現してお …

no image

犬の能力を調べるあるテスト

ある専門家が考えた、犬の順応的知能のテストというものがある。テストでは重い本を数冊、あるいは板とレンガ数個が、テストでは犬きなボール紙が必要になる。テストでは大きなバスタオルが、テストでは小さなハンド …

no image

猟犬のポインターは先込め式猟銃の発明を補うべく改良がおこなわれた

猟犬のポインターは先込め式猟銃の発明を補うべく品種改良がおこなわれた。この銃を効果的に使うためには、音をたてずに主人を獲物の潜む場所まで案内し、その位置を教える犬が必要だった。猟師は二頭一組で使う場合 …