雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

本棚の整理に図書館を利用するという方法が有効

投稿日:

・本棚の整理に図書館を利用する

ここでは本棚の整理に、その図書館を利用することを考えてみよう。家の近所の図書館から本を借りることはあっても、最大限に図書館を利用しているは少ないようだ。いざ本を処分しようというとき、どれを処分すれば後悔しないだろうか。その基準として、近所の図書館を利用するのだ。まず、その図書館へ出かけていき、蔵書を入念にチェックする。とくに、自分がもっているものと同じものがあるかどうかを調べておく。図書館にあったものは、手持ちの本を処分しても、読みたくなったら借りられるということ。頭を切り替えて、図書館にあるものから、家の本棚の処分にとりかかるのだ。かなりまとまったものがあるなら、近くの図書館に寄贈するという手もある。これなら、まさに保管を図書館が肩代わりしてくれるということで、スッキリ処分ができてしまう。

メジャーな本はまた手に入れればいい

迷っているうちに、また今度でいいかとつい処分を見送りにしてしまいがち。いざ本を捨てるとなると、いったいどれを捨てればいいのか迷ってしまう。そんな場合の一つの基準が、メジャーな本は捨て、希少価値のある本はとっておくということだ。メジャーな本、たとえば文豪によるものや、いつの時代も読み継がれているような名著は、文庫化されたり復刻されたりして、再び手に入る可能性は高い。また、本棚の一角を占領しているような百科事典なども、時がたてば情報は古くなってしまうから、欲しくなったら買えばいいと割り切って処分を考えよう。逆に、有名な雑誌の創刊号とか、マイナーな出版社が出している発行部数の少ない本など、手放してしまうと二度と手に入らないようなものは、とっておけばいい。

所有する本の数はこう決める

本棚にすっきり収まる数の本だけを捨てずにとっておき、新しい本を購入したら、その本のスペースを確保するために1冊処分するといった具合にする。不要な本は処分するに限るとわかっていながら、なるべく所有していたいと考える人なら、所有する本の冊数を本棚に入る数までと決めておけばいい。これなら、本棚からはみ出して部屋の片隅で山積みになるということもなく、部屋はスッキリする。雑誌の場合も、所有するのはマガジンラックに入る分だけと決めておけば、捨てる勇気もわいてくるだろう。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

タンスの肥やし-3年間も着なかった服はこの先も着ないので捨てる

・3年間も着なかった服はこの先も着ない タンスのこやしを、このままにしておいてはダメだ。タンスのこやしはやたらとあるのに、実際に日常着として使っているのは、何点か決まったものであることが多い。こういう …

no image

本襖と戸襖の張替え方法

本襖と戸襖の張替えについて紹介していきます。市販ののりつきのふすま紙を使って、本ぶすまと戸ぶすまを張り替える。ふすまをはずすときは、入れるときの位置がわかるように合い印をつけておきましょう。枠をはずす …

no image

コンロまわり収納でスッキリさせよう

・コンロまわりをスッキリさせる キッチンがあまり広くない場合、調味料がコンロのまわりにごちゃごちゃとあふれかえっていると、いくら掃除をしてもすっきり見えない。そこで、思いきって調味料全部をコンロまわり …

no image

ペンキの種類は4種類あるが初級者には水性系が扱いやすい

ペンキには大きく分けて4種類あるが、初級者には水性系が扱いやすい。溶剂系涂料乾燥が早く、上品な仕上がりだが、シンナーを使うので危険。染料系塗料ー本部に染み込ませる塗料で、防腐・防カビなどが目的。ニスや …

no image

トイレットペーパーの収納を手作りで行う

・トイレットペーパーのワザあり収納 トイレットペーパーの収納には、つっぱり棒があれば十分。トイレットペーパーなどをストックしておくのに、わざわざラックなどを買う必要もない。手の届きやすいところに、壁か …