雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

ホンダMDXの評価-全長の4790mm、全幅は1955mmに達する

投稿日:2015年1月30日 更新日:

ホンダのMDXは、どう見ても北米専用モデル。全長の4790mmも長いが、全幅は1955mmに達する。ランドクルーザーの100シリーズの1940mmを上まわる寸法だ。

MDXは北米市場に向けて開発されたSUV。V型6気筒の3500ccエンジンを搭載し、クルマの成り立ちからすれば乗用車系のシティ派SUVだ。しかし、前後の駆動系を直結できるなど、悪路走行に向けた対応も見られる。なお、生産国はカナダ。エレメントと同様、ホンダ車でありながら輸入車となる。
カナダ生まれなだけに、日本人ユーザーにはメリットが乏しい。

DVDナビを標準装備するなど、装備を充実させた分だけ価格も高まっている。大柄なわりに強い個性が感じられる車ではないので、リセールバリューも期待できない。価格の割安感も低い。走行性能は意外に高くない。取りまわし性においては最悪といっていいかもしれない。

車の買取査定を上げる色々なポイント

少々ボディの重さを意識させる

ハンドリングは、少々ボディの重さを意識させる。乗り心地を重視したともいえるが、走行安定性の面から見れば不利だ。そして居住性もフロントシートはサイズがタップリしていて快適だが、リヤ側に座ると床が高めに感じられる。CR-Vがミドルサイズのボディながらミニバン並みの優れた居住性を確保している点を踏まえると、MDXは魅力が乏しく感じられてしまう。

実用上は十分な性能を得ているが、車両重量が2トンを超えることもあってトルクが際立って高い印象は受けない。排気量と車両重量の関係はエルグランドと似たようなものだが、アンダーパワーの多いミニバンと違ってSUVではパワフルな印象を受けにくい。

ショッピングセンターの駐車場などでは取りまわしに苦労する。その割に、あくまでもホンダ車だから強烈な個性が味わえるわけではない。CR-Vをサイズアップした印象で、内外装も国産車的。北米市場であれば質の高さが利点になるが、日本のユーザーから見ると普通の感覚だ。動力性能にも同じようなことがいえる。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

トヨタ・プロボックスの評価-レジャーにも使える多機能なバン専用モデル

トヨタ・プロボックスの評価。 トヨタ・プロボックスは、レジャーにも使える多機能なバン専用モデル。プロボックスは、直線基調で視界や取りまわし性に優れ、下心めいたものを感じないから見ていて気持ちが良い。 …

no image

プリウスはモーターとエンジンを併用して走るハイブリッドカー

プリウスはモーターとエンジンを併用して走るハイブリッドカーで、現時点で世界一の省エネ、低公害の自動車です。自分で積極的に選ぶ甲斐のあるクルマ、多少なりとも乗っていて誇りの持てそうなモデル、言い換えると …

no image

車の値引き率がたとえよくてもローンは避けたほうがいい

昔は、ローンを組むと、車の所有者がディーラーになるため、車体に大きなトラブルなどが発生したときに、よりたしかな補償が受けられた。けれども、いまはそういうメリットも少ないので、ローンは結局損なのだ。 現 …

no image

自動車業界の燃料の問題-燃やせば環境問題が生じる

PNGVは、パートナーシップ・フォー・ア・ニュージェネレーション・ビークルスの略であって、当時、民主党のクリントン政権が提唱したものだ。PNGVという超省燃費車が官民一体で開発されている。アメリカには …

no image

i30-wagonがベールを脱いだ

現代自動車の新型i30ワゴン型モデルがベールを脱いだ。スイスで開催されたジュネーブ国際モーターショーで世界初公開された新車はi30のラインナップで二番目に公開される新型モデル。5ドアハッチバック構造と …