雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

本を捨てられない人の対策

投稿日:

・本を捨てられない人はこうする

本はもっているだけで価値があるような気分になって、ついつい捨てられないという人も多い。本が好きな人の中には、買った本は絶対に手放したくないと考えている人は少なくない。だからといってすべての本をストックしておいたら、部屋のなかはあっという間に本だらけになってしまう。二度と読む気分になりそうもない本や、有効活用できないと思う本は、思いきって処分してしまおう。古本屋にもち込めばそれなりの金額で引き取ってくれるので、本を捨てるのはしのびないという人でも抵抗感は少ないはず。ある程度の冊数があれば引き取りにきてくれる古本屋もあるので、問い合わせてみるといい。

使わないバッグを雑誌入れにする

購入金額が高かったり、愛着があって捨てられないセカンドバッグやボストンバッグを使う。どうしても捨てたくない雑誌の収納方法を紹介しよう。たとえば、セカンドバッグはふたを開けて、そのままふたを壁に留めつければ、小さめの雑誌を入れられる。ボストンバッグは底に金具がついてしっかりしているから、そのまま床に置いてマガジンラックに代用できる。これなら、インテリア家具をお金を出して買わなくても、おしゃれなオリジナルの部屋づくりができ、死蔵品もよみがえる。

ふだん読まないのならここに収納する

ふだん読むわけではないのだから、本棚には置かず保管することを考えよう。雑誌は必要な部分を切り抜いたら捨てるのが整理の鉄則だが、趣味に関する特集号だったり、デザインが気に入って残しておきたかったり、特別な理由でどうしても捨てられない雑誌もある。雑誌という重いものを保管するのにうってつけなのが、ベッド下のスペース。しかし、そのまま置いたのではしまうにも取り出すにもひと苦労。そこでベッド下の幅に合わせて、透明プラスチック製の衣装ケースを購入する。そのケースのなかに表紙を上にして雑誌を詰め込んでいく。透き通っているので、引き出せば背表紙が見えるからどこに入っているかも見つけやすい。ベッド下にケースが入らない場合は、押し入れの最下段を雑誌用の保管スペースにするとよい。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

ベッドに小物置き・入れを自作で作る

・ベッドに自作の小物入れを 部屋が広くて、ベッドのレイアウトに自由がきくというなら、問題ない。宮付きと呼ばれるべッドのへッド部分に棚のついたタイプなら問題はない。ただ、平均的なマンションや建て売りの狭 …

no image

まな板の乾燥や衛生面

あなたはまな板を収める指定席を、どこに決めているでしょうか。流しの上につるす、流し台周りに立てかける、流しの上の棚に置く、といったところでしょう。こうした場所に収めること自体に問題はありませんが、使い …

no image

使わないバス用品をおしゃれにディスプレイ

・使わないバス用品はディスプレイに 使っていないバス用品がいくつかあるのなら、バスルームにディスプレイして楽しんでみては?かわいいボディブラシをもらったけれども、硬すぎて体に合わないし、捨てるのはもっ …

no image

階段の手すり取り付けDIY

・使いやすい位置がポイント 階段は高さがあり、家の中で危険な場所の一つです。手すりと受け金具がセットになったものが市販されていますが、それぞれを別にそろえることもできます。もし、階段に手すりが付いてい …

no image

壁に物を取り付ける-金具を活用しよう

コンクリート壁ならコンクリートプラグを使います。壁の裏を調べるときは、ノックするようにたたいてみます。音によって中空壁の中空、間柱などを聞き分けるのです。しかし、これは慣れないと難しいので、壁の裏を調 …