雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

本はまとめて売るほうがいい

投稿日:

・まとめて売ったほうがいい

古書店がわにしてみれば、店先でワゴンセールするようなものも必要だから、状態さえよければどんな本だって売ることができる。古書店が引き取るのは、かならずしも著名作家の初版本といった貴重品だけとは限らない。そのときはできるだけきれいな状態のものを、10冊くらいまとめてもっていくと喜ばれる。たとえば文庫本なら、別冊も%冊もまとまれば古本屋が引き取ってくれるので、こういうことも考えて、通勤途中に読むときは、カバーをつけるなどして傷まないように気をつけておこう。

レンタルできるものは自宅保存しない

あれもこれもと録画していたら、あっという間にビデオテープの数が増えてしまい、収納スペースがなくなってしまう。見たい映画などがテレビで放映されると、ビデオに録画したくなるものである。でもこんなことではダメ。録画したとしても、たいていのビデオは一、二度見れば用は足りる。もしレンタルショップにあるタイトルならば、残さずに消去してしまおう。もう一度見たいと思えば、お金はかかるがそのときにレンタルしてくればいい。自宅保存にこだわる必要はないと割り切ってしまおう。

CDを高く売るコツ

ケースに入ったまま、帯も歌詞カードもきちんとそろっているほど高価に引き取ってもらえる。本と同じように中古で売ることができるのがCD。新譜も早いうちに売れば有利になる。

売ることを前提に保管しておく

本を買って所蔵するときは、あとあとのことを考えて、できるだけきれいに保存しておいたほうがいい。古本屋に引き取ってもらうとき、どんなものであれ、いい状態で保存されているほうが高く売れるのは当然だ。まず、カラフルなカバーがついていたり箱に入っていたものは、それらがそろっていることが第一条件だ。また、つい捨ててしまいがちな、腰巻きと呼ばれる宣伝文句や推薦文の書かれた帯も、あると新品のように見えるので、売るときはつけたまま売ろう。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

ブロック塀の塗装の方法

ここでは、ブロック塀の塗装の方法などを紹介しよう。 ・ブロック堀を塗装する ブロック堀は古くなると、目地の部分に欠け落ちができたり、突然ぼこっと穴があいてしまうようなことがあります。汚れを落とし、地面 …

no image

べストセラー本は読みおわったらすぐ処分しよう

・べストセラー本は読みおわったらすぐ処分 たとえば話題のベストセラーを買ったものの、期待はずれだったり、読んではみたがわざわざ蔵書に加えるほどではないなと思ったら、できるだけ早く古本屋へもっていこう。 …

no image

CDを床に放りっばなしにしていないか

・CDを床に放りっばなしにしていないか どうせ床に置くなら立てて並べてみよう。ケースに入り切らないCDが、床にあふれて積み上げられている。そのなかに捨ててもかまわないものなんて一枚もない。まず、一列に …

no image

ビデオを何度もダビングしていると何を撮ったかわからず捨てられない

・何を録画したかわからないから捨てられない 重ね撮りを繰り返していると、いつ書いたのかわからない表書きも当てにならなくなる。ビデオテープをなかなか捨てられないのは、何を録画したのか、わからなくなってし …

no image

DIYで使う塗料でおすすめは?種類は?塗り方は?木やアンティークに使おう

DIYでよく使う塗料。DIYで使う塗料には油性塗料と水性塗料、ラッカー系塗料の3種類があります。これは、何によって薄められるかで分けられており、薄め液はそれぞれに「ラッカー薄め液」「ペイント薄め液」が …