雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ニキビ

骨にカルシウム体にビタミン、ミネラルなどを摂取しよう

投稿日:

・力ルシウム

骨・歯の形成や筋肉・神経の働きを正常に保つ働きを持ち、ホルモンの分泌にも役立ちます。カルシウムの吸収率を上げるにはビタミンDが欠かせませんが、ビタミンDが皮膚で生成されるには、適度な紫外線を浴びることも必要です。ビタミンDを多く含む食材を積極的に摂ることも大切です。

骨の形成や、エネルギーの生成をはじめとした各種酵素反応に関わります。マグネシウムが不足すると血中のカルシウム量も減少するので、カルシウムとあわせて補う必要があります。

・鉄分

女性は特に鉄分不足になりがちなので、積極的に摂りたい栄養素です。鉄はタンパク質と結合して赤血球のへモグロビンになったり、筋肉を構成する成分になります。

ミネラル

・ミネラル

ミネラルはビタミンと共同して酵素を作ったり、体の諸かなめ機能を調整したりと、生命活動の要となる役割を担っています。人の体を元素にまで分解してみると、炭素・水素・酸素・窒素の4元素が全体の約96%を占めています。そして、残りの4%に当たるのがミネラルです。食事がら積極的に摂取するように心がけてください。コラーゲン生成に欠かせないミネラルです。人体にもっとも多く存在しているミネラル。体の諸機能を調整する優秀な栄養素。

美肌をつくる主なミネラル成分、亜鉛、タンパク質やDNAの生成に関わり、皮膚細胞や組織の新生、新陳代謝には欠かせません。ミネラルにはビタミンの吸収を助ける働きもあるので、ビタミンとミネラルの摂取はセツトと考えておくとよいでしょう。ミネラル不足は貧血や骨粗シ、肌荒れ、肩こりを引き起こす可能性があります。加工食品には、亜鉛の吸収を妨げるポリリン酸などが含まれているので、加工食品の摂り過ぎには注意しましょう。

・フットケミカル

人間の体には、老化を促す活性酸素を抑える、抗酸化機能があらかじめ備わっていますが、40歳を過ぎるとその機能が著しく衰えてきます。そのため、抗酸化作用のある食品を積極的に摂る必要性があります。

-ニキビ

執筆者:

関連記事

no image

肌の弾力と関係しているミネラルは?

・肌の弾力と関係しているミネラルは? 銅です。コラーゲンの分子が重なりあってしっかり結びつくためには、「リジルオキシダーゼ」という酵素が必要です。その酵素を活性化させるのに、ミネラルの銅が必要なのです …

no image

2つの紫外線が肌に与えるダメージ

・2つの紫外線が肌に与えるダメージ UVーB=シミをつくる波長が短く、真皮までは達しないものの刺激が強く、表皮の底のほうにあるメラニン細胞にキズをつけ、シミを増やす原因となる。 UVーA=シワをつくる …

no image

肌を美しく保つには

肌を美しく保つためには、皮膚をつくっているさまざまな細胞が、それぞれどういう状態にあることが望ましいかは、理解できたことと思います。これらの細胞が正常に働くためには、それぞれの細胞に栄養と酸素を与え、 …

no image

心の若さを保つ方法-よりよい環境を作り出すために行動する

・心の若さを保つということは、どのようなこと? 自己実現のために考え、判断し、行動している人は、年齢を重ねても若々しくイキイキと輝いています。人間には環境に順応する力が備わっていますが、環境に順応しな …

no image

健康に過ごすために風呂の温度や入浴方法に気を使う

水分はお風呂の前やあがってからとるよりも、むしろ、お風呂のなかに飲みものを持ち込み、バスタブにつかりながらどんどん飲んで、水分補給をしましょう。このとき、飲みものは冷たい水よりも温かいお茶をおすすめし …